09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

曲にも流行りすたりがある

2017.09.29 21:33|アイルランド音楽の曲
去年の夏にたまたま居合わせたセッションにて、10代の地元の男の子二人がフィドルとコンサーティーナで弾いていた曲があります。

「The Cat's Meow」というユニークな名前の3パートのジグです。

曲名をその場で訊き出して「へえー」と思っていたら、その数週間後に親しくしている友人が「エリカ、いい曲を見つけたからこの曲一緒に練習しようよ」と言って手書きのABC譜を手渡してくれました。すると、なんと同じ曲ではありませんか。

「私もこの曲セッションで聴いて、いいなあと思ってたところだったんだよ」と意気投合、以来彼女と一緒に弾く定番の曲の一つです。

今月に入りアイルランドは新学期、子どもたちも新たな音楽教室がスタートしました。
息子のホイッスル教室は新しい先生です。中級クラスということで割り振られ、新学期最初の曲としてもらってきたのが・・またしても「The Cat's Meow」!!

The Cats Meow
[子どもがもらってきたコピーシート]

この曲、ひょっとして流行ってる?

この夏、アイルランド人の友人と曲の話になったところ「ああ、その曲ね・・80年代後半ぐらいに伝染病のようにわーっと流行って、そこらじゅうでみーんな弾いてた曲だよ」とのこと。流行りがいったん収まって、最近になってまた人気が復活しているのかもしれません。

この曲に限らず、アイルランドではいわゆる曲の流行、トレンドと言ってもいいものがあって、足しげくいろいろなセッションに通ううちに、または友人らとのやり取りの中で「ん?」と気がついたりします。
また、これとは逆にいつの間にか忘れ去られている曲、その時代に限ってなぜかすたれている曲というのもあります。

「The Cat's Meow」は、アメリカの女性グループCherish the Ladiesのリーダー、Joanie Maddenが作曲した比較的新しい曲です。
The Cat's Meow (TheSession.orgより)

しかし、この流行りすたりの現象は新しい曲に限ったことではありません。作者不詳の古い伝統的な曲でも同様の波があり、最近のみんなのお気に入り曲がある一方で、ここ数年この曲完全に忘れられてるんじゃ?というものまであるようです。

もちろん地域によって違う波が流れていたり、お隣同士や人の行き来がある場所なのか、はたまた一地域としてほぼ孤立しているような場所なのかでも感染具合(?!)は異なります。

この波の中にいない訪問客のミュージシャンなどが、20年前に流行った曲を突然披露して、アイルランド人のミュージシャンたちに新風が吹くというのもよくある光景です。「いやあ、懐かしいなあその曲!今は誰も弾いてないけど、いい曲だよね、よし、覚えておこう!」とポジティブに受け止められて、またその曲の人気がぶり返す・・なんていうこともあれば、「ああ・・・・・。その曲ねえ・・・なんかあの時は流行ったけど風化してるよね・・なんでこんな曲流行ってたんだろう、あの時代・・・」と何とも言えず微妙な反応であることもあります。

曲の流行のきっかけは、当時爆発的に売れたバンドやソロミュージシャンのレコーディングからのトラックであったり、ただ自然発生的に人から人へ、シーンからシーンへとバトンのように継がれていくこともあるようです。

さて、皆さんの地域の流行りの曲は何ですか?

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント