08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

アイルランド音楽の何が好きなのか?

2017.07.27 09:04|アイルランド音楽を学ぶ
美奈子さんは、日本に帰るたびにパット&オーインのコンサートやワークショップに来てくれる女性です。
聞くところではわずか数年前にアイルランド音楽を始められたばかりとのこと。お会いするたびに上手になっていて毎回驚かされます。

そんな美奈子さんが、演奏するパットとオーインを指さして「エリカさん、私ね、この音楽がやりたいんですよ。こういう風に演奏できるようになりたいんです」と力強く言います。
あまりにまっすぐで素直なコメントに思わず笑みがこぼれその時は聞き流してしまいましたが、アイルランドに帰国してから美奈子さんのことを思い出しては「すごいなあ」と感心するのです。

自分の好きなものを知っているということ。自分の目指したい演奏が見えているということ。
これはすごいことだなあと思うのです。

アイルランド音楽という海は広すぎます。右も左も分からない手探りの状態では前進が難しい。

DSCF7505.jpg

私はアイルランド音楽を始めて最初の数年間は、自分が何が好きなのか全く分からずにいました。
友人や音楽仲間が薦めてくれるままにレコーディングを聴いたり、さまざまなグループやミュージシャンのCDを片っ端から聴いていました。ミュージシャンたちのバックグラウンドも何も知らぬまま、音源を音源として聴いていました。まさにつまみ食いの状態です。いつかピンと来るアイルランド音楽に巡り合えるはずと信じてアンテナは張っていましたが、漠然とした「好き」はたくさんあってもその「好き」には共通項がなく、あったとしてもつまみ食いをしているだけでは見えるはずもありません。

それに比べて、美奈子さんは永遠にさまよいかねないこの海の中、辿り着きたい岸が見えている。
これはすごいことだなあと思うのです。

好きなものが分かってくれば、これが糸口になってアイルランド音楽の幅広い世界も見えてくる。
今まで頭の中で点在していただけのミュージシャンたち、情報としてしか得られていなかった異なる地域や歴史の流れといったものが、少しずつ1本の糸でつながっていきます。

アイルランド音楽が好きなのではなく、アイルランド音楽の何が好きなのか?という問いを改めて考えさせてくれた、新鮮な日本滞在でした。

DSCF7486.jpg

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント