08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

この二人はまた帰ってくる。また会える日まで!

2017.06.24 01:39|Pat & Eoghan Japan Tour
今月3つの週末を通して行われましたPAT O'CONNOR & EOGHAN O'SULLIVAN JAPAN TOUR 2017。
多くの皆さんにご来場、ご参加をいただきました。心より感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございました!

ブラックバードミュージックとしてプロデュースをしていつも感じることですが、せっかく制作をしても来てくれる人がいなければ成り立たないのが音楽プロジェクトです。受け身の人はそこにはおらず、企画をする方(ほう)が動き、対象となる方(かた)も動いてくれることで、結果として完成するのだなあと感じます。

DSCF7355.jpg

音楽というオーディオでとらえるのでなく、パットとオーインという二人の人間に会うという旅。生身の人間が創り出す音楽に心で触れるという経験。それが本当の意味での音楽なのではないでしょうか。

ブラックバードミュージックの企画は特にその点がはっきりしていて、今回のパット&オーインツアーも二人を見て聴くだけではなく、一緒にご飯を食べたり、おしゃべりをしたり、一緒に音を重ねたりすることで、より二人の音楽に近づいてもらうことができたのではないかなと思っています。

DSCF7550.jpg

とりわけアイルランド音楽というのは、一人でやる音楽ではないなあと思うのです。同じ音楽を志す友、パッションを共有できる仲間がいてこそ、この音楽は脈々と過去から現在へ、そして未来へ続いていくように感じます。

だから、そんな自分のために我慢や妥協をしない場所に足を運んで、この音楽を心から愛し敬ってくれる人たちのいる場所にたどり着くということが、とても大切なプロセスのように思います。

DSCF7682.jpg

おごりの気持ちを一切持たず、今この場所でこの立ち位置で私たちにできること。

DSCF7514.jpg

それは、アイルランド音楽を愛するすべての人たちに提供できることではないかもしれません。
もしかすると、私たちのプロジェクトに心から賛同してくれるごく一握りの人たちが、受信してくれるということなのかもしれません。

それでも、そんな人たちに一人でも出会えた時の幸せは、企画者にとって何にも代え難いギフトになります。

19275136_677788442430809_7772117100101032248_n.jpg

日本を離れて10数年経っている私は、皆さんと直接お会いする機会がほとんどありません。今回パットとオーインのコンサートやワークショップ、ミュージックキャンプにいらしてくれた皆さんと直にお会いすることができ、素敵なご縁をたくさんいただきました。
「ブラックバードミュージックのブログいつも読んでますよ」とか「望月えりかさんですか?」と声をかけてくださる方も多く、インターネットの情報発信力に驚きました。と同時に、顔の見えないインターネットには限界があることも痛感しています。

ブラックバードミュージックのプロジェクトでは、アイルランド音楽に関する事柄をなるべく客観的に、冷静な目でとらえ伝えていきたいという思いがあります。そのため文章がどうしても堅くなりがちで、結果「ブラックバードミュージックはかっちり生真面目」という印象を与えがちのようです。あ、もちろん真剣にやっているのは事実なんですが。
今回皆さんと直接お会いし、握手をし、おしゃべりができたことで、「なーんだ、こんな人だったのかあ」と感じていただけたら幸いですし、私もまた「噂には聞いていたけれど、彼女たちだったのね~」ということがありました。人は、直接会ってみなければ何も分からないものです。
望月えりかさん。思ってたようなかちかちの人でもなかった?うーん、どうだろう?

今回のパット&オーインツアーを機に、ブラックバードミュージックの次の企画フィークルキャンプに参加を表明してださった方もいらっしゃいます。
フィークルキャンプに参加の皆さん、そして今ご検討中の皆さん。8月に今度はアイルランドでお会いしましょう!
そうでない皆さんは、また会える日まで。この二人は、また日本に帰ってきます。またぜひ会いにいらしてください!!

8月のフィークルキャンプはまだまだ参加者を募集中です。まだ間に合います!
どうぞお気軽に、私望月までお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします!!
フィークルアイリッシュミュージックキャンプ2017

望月えりか Erika Moc O'Connor@Twitter
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント