09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ここは外国?ドニゴールが呼んでいる

2017.03.03 20:13|アイルランド音楽の地域性
近所に住む女性から、ある日テキストメッセージが届きました。
「今うちに宿泊しているゲストがいるんだけど、伝統音楽のミュージシャンだというのよ。パットとエリカに会いたいということなのだけど、そちらに送っても大丈夫?」

「明日だったら二人とも家にいるし、いつでもどうぞ」と返信すると、「分かった、ありがとう。彼に伝えておくわね。ドニゴールのフィドル奏者なんですってよ」とのこと。

翌日の午後に我が家を訪ねてきた彼は気さくでフレンドリーな紳士。紅茶を一緒に飲みながらおしゃべりを楽しみました。
ドニゴールのフィドル奏者と言ったって、ドニゴールスタイルでフィドルを弾くイングランド人だったなんていうこともあり得るわけですが、今回は正真正銘のドニゴール出身の方でした・・!
私はドニゴール訛り(アクセント)がとても好きなので、会話を聞いているだけで幸せな気分です。

アイルランド国内の伝統音楽シーンにいる人と会うと、たいていは共通の友人知人の名が続々と出てくるものですが、彼とは一人か二人程度。というのも、ドニゴールは距離的にここクレアからはずいぶん離れた地域なので、当然と言えば当然なのかもしれません。

クレアからドニゴールまでは300キロほどでしょうか。車で行くと、片道4時間はかかる距離です。
そういえば、この辺りではドニゴールで登録された車が走っているのを見かけることもほとんどありません。人の行き来がほとんどないということ、それに応じて音楽的な交流も盛んでないということなのかもしれません。

ドニゴールの車
(ドニゴールで登録された車のナンバープレート。州の名の最初と最後のアルファベットであることが多い。この辺りでは見かけません)

地形から言ってもドニゴールはやや孤立した位置にありますね。

ドニゴールの位置
(緑の部分がドニゴール州、ピンクは北アイルランド)

もう一つ驚いたのは、例えば時の人と言われるほど注目されているダブリン出身の若手ミュージシャンやボストンを拠点に活動するユニットなどを「知らない。聞いたことがない」とおっしゃっていたことでしょうか。
彼らの名はアイルランド全国で知られているのかと思いきや必ずしもそうではないようで、新たな発見でした。

「ドニゴールも広いから何とも言えないですけど、僕の暮らす地域は特に活発な音楽シーンはないかな。静かなものですよ」

若手や新人の名は知らずとも、巨匠級の音楽家たちのことは延々と話しておられました。
ここクレア州から輩出された音楽家たちの面白いエピソードやジョークをはじめ、ゴールウェイ、コークやケリー、そして彼のご当地ドニゴールの素晴らしいフィドル奏者たちの話で盛り上がる午後のティータイム。

ヴィンセント・キャンベル
(ドニゴールのフィドル奏者、ヴィンセント・キャンベル)

この夜はたまたまティペラリーとの州境のパブでギグのあったパット。「今夜は何もプランがない」という彼を誘って、一緒に演奏を楽しんできたそうです。

ドニゴールの音楽はこれまた独特なものだなあと思います。レパートリーに限らず、奏法やアクセントの来る場所などが全然違って、あたかも外国の音楽を聴いているかのようです。

翌朝「昨夜のセッションはどうだったの?マーティンのフィドルはどんな感じだった?」と訊くと「すごくよかったよ。彼もすごくいいフィドル奏者だったよ。ドニゴールの、あの弓使いだったし。初めて会った人だし、出身の地域も違うから一緒に弾ける曲を探りながらの夜だったけど、彼にとってもこの辺りの音楽は新鮮だって言ってたから、楽しんでいたのでは」とのこと。

「昨夜は弾かなかったけど、僕たちが聴いたこともないようなドニゴールのレパートリーを、きっとたくさん持っているんだろうね」

我が家でお茶をした際には失礼になってはいけないと思い、お願いなど無論できませんでしたが、ぜひ彼のフィドルを生で聴いてみたかったです。電話番号を交換していたようなので、もし次回ということがあれば・・楽しみです。遠い地ですが、機会があれば音楽を聴きにぜひ行ってみたい、Donegalです。

望月えりか


ブラックバードミュージック主催のミュージックキャンプ、参加者を募集中です!お気軽にお問い合わせください!
***フィークルキャンプはこちら↓***
Feakle Irish Music Camp 2017 アイルランド音楽を現地で学びませんか?
Feakle Irish Music Camp 2017 フライヤー
Feakle Irish Music Camp 2017 フェイスブック イベントページ

***信州姫木平キャンプはこちら↓***
信州姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017
信州姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017 フェイスブックイベントページ


ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント