09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ティンホイッスルは楽器じゃない?

2015.07.12 07:51|ティンホイッスル
クレア州の州都、エニス(Ennis)にあるカスティーズミュージックショップ(Custy's Music Shop)には、実にさまざまな人々がやってきます。
ある日、店にやって来た女性が「楽器を見せてもらってもいいかしら?」と言うので、店内にあるフィドルやフルート、コンサーティーナ、バンジョー、アコーディオンなどのもろもろを簡単に説明してまわったのだそうです。

するとこの女性、「私ね、1年ほど前からティンホイッスルを吹いてるんだけど、そろそろ”楽器”をはじめようと思って。何がいいかしらねえ」との発言。

アイルランドに暮らしていると、よくこのようなアイルランド人に遭遇します。
彼らにとってティンホイッスルは「ちゃんとした楽器」ではないのです。

ティンホイッスル(Tin Whistle)は、多くのアイルランド人が一番最初に手にする楽器です。
まずはティンホイッスルからスタートし、やがて曲のレパートリーができていき、音楽の構成も理解できるようになると、フルートやフィドルといった楽器に移行していくのが一般的です。
そういう意味では、前述の女性はこの王道を行っていると言えます。

また、子どもの頃に音楽をはじめる場合が多いので、「ティンホイッスルは子どもが吹くもの」というイメージもあります。

ティンホイッスルは楽器じゃない?
[必須科目ではありませんが、アイルランドではティンホイッスルを使った伝統音楽のクラスがある小学校もあります]

ティンホイッスルは、ほかの楽器に比べ桁違いに安価であることも、この楽器の評価を低くしているようです。

初心者が手にする楽器。
子どもが吹いている楽器。
安い楽器。

このような理由から、無意識のうちにティンホイッスルをまっとうな楽器として認識していないアイルランド人が多いように思います。

一方では、アイルランド音楽の世界にはホイッスルの名人がたくさんいます。
この世界に住む者ならば、ティンホイッスルがこの上なく美しい音色を奏でることのできる立派な楽器であり、それは説明をするまでもなく誰もが知るところです。
しかし、伝統音楽に詳しくないごく一般的なアイルランド人たちにとっては、残念ながらこのイメージがいつまでもつきまといます。

ホイッスルケース (12)
[カスティーズの店内でも販売中の毛糸でできたホイッスルケース

そんな、ちょっとかわいそうな楽器ティンホイッスル。このイメージを払拭できる日はやって来るのでしょうか。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント