09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

Feakle Irish Music Camp 2014、ワークショップ2日目

今年の夏に開催を企画しています、フィークルキャンプ2015の講師陣は去年とほぼ同じ顔ぶれで日本の皆さんをお迎えする用意ができました。

去年のキャンプのレポート記事を小分けにして書いていますが、今回は遅ればせながらワークショップ2日目の様子をご紹介したいと思います。8月のキャンプ申し込みをご検討中の皆さん、ぜひご参考になさってください。

また、これまでにアップしたフィークルキャンプのレポート記事は以下の通りです。こちらもぜひご再読ください。

①大成功のFeakle Irish Music Camp 2014、第一回目レポート!
②Feakle Irish Music Camp 2014、ワークショップ1日目
③Irish Music Camp 2014、セットダンス体験クラスとウォーキング


まずは、メアリー・マクナマラ(Mary MacNamara)が担当したコンサーティーナのクラスから見ていきましょう。
隣町に住むメアリーには、コンサーティーナのワークショップを2日間お願いしました。両日合わせて6時間をメアリーと過ごした受講者の皆さん、言葉にできないほどの収穫があったようです。

フィークルキャンプ2014 2日目 (7)

”メアリー先生のワークショップはすばらしかったの一言です。”(受講者の声)

教えることにかけてはエキスパートであるメアリー。そのレッスンのクオリティーの高さは、日本語の通訳を通すことで受講者の皆さんにもお届けすることができました。

”音楽や楽器のことを熟知している通訳者もすばらしかったです。よりよい理解の助けになりました。”

”楽器の持ち方から始まり、1フレーズずつ繰り返しながら、やがては装飾など難しいことも積み上げていく。学習者が理解しやすい手順を踏んで、解説プラス実演。それを間近で体験できる贅沢さ。”(受講者の声)

ワークショップが終わってからの、放心状態の皆さんの顔が忘れられません。

フルートの2日目の講師は、フルートのメッカであるロスコモン出身のジョン・ケリー(John Kelly)でした。
ジョンもまた、クレアを中心に長年フルートを教えている豊かな経験の持ち主です。

フィークルキャンプ2014 2日目 (2)

”クラスを3つのレベルにわけ、テレビのチャンネルを切り替えるように、レベルに合わせた講義をしたジョン・ケリー。これは教えなれていないと出来ない芸当だと思った。”(受講者の声)

ワークショップが終わる頃には、「聖徳太子」というニックネームをもらっていたジョンでした。

長年クレア州のエニスに住むジョンですが、彼のフルート演奏を聴くと多くの人が「ロスコモンのミュージシャン」であることを認識するようです。生まれ育ったこの地で培った彼の演奏スタイルは、拠点が変わってもしっかり息づいているということでしょう。

”(前日の)ジェニファーとは対照的にパワフルな演奏。”(受講者の声)

フルートのワークショップでは、3日間日替わりで3名の講師たちから教えを受けました。このように、まったく異なる演奏スタイルの講師たちを迎えることで、アイルランド音楽の幅の広さを生で体感していただけたのではと思います。

”3人とも個性があって時には逆のことを言う場面もあり、3人に共通する点もあったりして面白かった。人によって言うことが違うのはあたりまえなんだ、ということを受け入れることができた。”(受講者の声)

皆さんの宿となったロックナーンズのフロントルームでは、フィドルのワークショップが行われていました。2日目はおなじみのパット・オコナー(Pat O'Connor)です。

日本で既に教えを受けたことのある受講者の方もいらっしゃり、クラスは終始和やかでフレンドリーな雰囲気の中、進行しました。

フィークルキャンプ2014 2日目 (1)

日本をたびたび訪れているパットは、さすがに他の講師たちと違い日本の皆さんを教え慣れている感がありました。
会場の部屋は、昔は村の中心で営業をしていた小売店です。今でもカウンターの奥には当時の秤や瓶、缶に入ったアンティークの商品が美しく陳列されています。大きな窓から入る日差しを受けながら、ここにパットの優しいフィドルの音色が響きました。

ワークショップではいくつかの課題曲が出ましたが、いずれもテクニックを教え込むのではなく何度も丁寧に弾きこんでいくパット。パットと一緒に弾くことで、受講者の皆さん一人一人が各々のフィーリングを発見していく様子を、日本語通訳者として見ることができました。

フィークルキャンプ2015が開催されるには、4月15日までに10名の参加申し込みが必要です。皆さんからのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしています。私のほうまでお気軽にご連絡ください。
望月 info*bbird-music.com (*印を@に変更してご送信ください)

キャンプの詳細は、ブラックバードミュージックのウェブサイトに掲載されています。
Feakle Irish Music Camp 2015の詳細


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント