09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

TG4 伝統音楽賞(Gradam Ceoil)に見るアイルランド音楽が生きる土地

2015.03.02 22:00|アイルランド音楽現地情報
アイルランドにはメジャーなテレビチャンネルが4つあります。
そのうちの一つ、TG4は、アイルランド放送協会が主にアイルランド語で番組を制作しているチャンネルで、言語の普及と共にアイルランドの文化保存にも大きく貢献しています。

毎年2月にTG4が主催するGradam Ceoil(グラダムキョール)という伝統音楽賞はまだ歴史の浅いアワードですが、年々受賞式が盛大になり、受賞者たちにとっては権威ある肩書きとなりつつあるようです。

グラダムキョール2015-2
[授賞式はコーク市内のオペラハウスで行われ、テレビでも放送された。写真右は今年の受賞者の一人、ゴールウェイのアコーディオン奏者、モーティーン・オコナー(Mairtin O’Connor)]

グラダムキョールには6つの部門があります。
こうした賞はアイルランド音楽界の力関係も大いに反映される政治的な側面があり、個人的にはほとんど関心がないのですが、「功労賞」の部門においては誠意ある決定のもとに受賞者が選ばれ、それなりの意義があるように感じます。

一つ面白いと思ったのは、過去の受賞者たちの名と並んで、彼らの出身地(多くは州の名)が記されていることです。
これを眺めているだけで、アイルランド音楽の盛んな土地と、それに準じて盛んでない土地が浮かび上がってきます。

功労賞の過去の受賞者たちを例に見てみましょう。

2001年 – Paddy Canny(パディー・カニー) クレア州
2002年 – Peter Horan(ピーター・ホーラン) スライゴ州
2003年 – Johnny O’Leary(ジョニー・オリアリー) ケリー州
2004年 – Tony MacMahon(トニー・マクマホン) クレア州
2005年 – Peadar Ó Lochlainn(パダー・オロックリン) クレア州
2006年 – Sarah & Rita Keane(セーラ&リータ・ケーン) ゴールウェイ州
2007年 – Paddy Cronin(パディー・クローナン) ケリー州
2008年 – Joe & Siobhán O’Donovan(ジョー&シヴォーン・オドノヴァン) コーク州
2009年 – Roger Sherlock(ロジャー・シャーロック) メイヨー州
2010年 – Seán Potts(ショーン・ポッツ) ダブリン
2011年 – Ben Lennon(ベン・レノン) リートリム州
2012年 – Danny Meehan(ダニー・ミーハン) ドニゴール州
2013年 – Michael Tubridy(マイケル・タブラディー) クレア州
2014年 – Chris Droney(クリス・ドローニー) クレア州
2015年 - Bobby Gardiner(ボビー・ガーディナー) クレア州

アイルランド音楽はアイルランド島全土で盛んなのではなく、今でも伝統が色濃く残る地域とほとんどすたれてしまっている地域とがあります。境界線を引くことはもちろんできませんしする意味もありませんが、概して言えることは「アイルランド音楽は西部にあり」ということでしょうか。
2001年からの功労賞の受賞者たちが、2010年のショーン・ポッツ(ダブリン)を除いてすべてアイルランド西部の出身であることは、興味深い事実です。

これはアイルランドという国が、歴史的に東部から浸食されていった事実が背景としてあるようです。
それ故に、アイルランド特有の文化や言語、古くからの風習といったものは、(もちろん例外もありますが)一般的な傾向としてアイルランド西部に多く残存していることが多い、と理解していいようです。

グラダムキョール2015
[今年の受賞者たち。真ん中には最も敬意を払うべき功労賞を受賞したボビー・ガーディナーがいます]

近年では、アイルランド文化の保存や復興が注目され、アイルランド音楽界も半世紀前に比べると息を吹き返しています。グラダムキョールのようなイベントもこの勢いに一役買っており、今後の更なるアイルランド音楽の発展に欠かせない存在となっていくのかもしれません。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント