09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

ウィーリー・クランシーサマースクールのセッションシーン

2014.07.16 00:25|アイルランド音楽現地情報
今年のウィーリー・クランシーサマースクール(Willie Clancy Summer School 略してWCSSと記されることもある)は、先週末に無事幕を閉じました。

私の暮らすフィークルはクレア東部なので、西クレアにあるミルタウンはエニスの反対側、車では45分ほどかかります。ミルタウン訪問はいずれも日帰りでしたが、午後の穏やかでフレンドリーな雰囲気の中、音楽を楽しむことができました。

WCSS期間中には、ミルタウンマルベイとその周辺地域にあるパブで日夜セッションが行われます。
ミルタウンのメインストリートを歩いているだけで、あちらからもこちらからもライブの音楽が聞こえてきます。雨に見舞われることの多いWCSSですが、私たちが訪れた週の前半は天気にも恵まれ、ストリートで小銭をもらう子どもたちのミュージシャンや外国人の姿も多く見かけました。

ほかの音楽フェスティバルにおけるパブセッションは、たいていの場合フェスティバルの一環として行われており、フェスティバルの実行委員会やパブの店主によって、ホストを務めるミュージシャンたちがあらかじめ決まっています。それに対し、WCSSの期間にあるパブセッションは、すべてが自然発生的に行われるのが大きな特徴です。
誰一人として雇われている音楽家はおらず、自らの楽しみのために集まってくるのです。

ミルタウンセッション (2)
いい音楽を聴きたければこのパブへ。パブのサインはリンチ(Lynch)だが、人々の間ではフリールズ(Friels)の名で知られる

このようなミルタウンでのパブセッションを見ていると、いくつかのことに気づきます。
例えば、数あるパブの中にも「いい音楽をやっているパブ」というものがあるようです。それらのパブは、サマースクールという非日常的なイベント以外の時でもレギュラーのセッションが行われているパブであったり、オーナーが音楽好きであったり、はたまたミュージシャンたちにとって音響のいいパブであったりします。
また、ミュージシャンたちにとってもそれぞれお気に入りのパブがあり、「○○バーに行くと、あの人が演奏している」といった傾向もあるようです。

終盤にさしかかるとミルタウンに赴く人々の数とお酒の量が急増し、パブでのトラブルも増えてきます。セッションはミュージシャンの数が増え過ぎてまとまりがなくなることも多く、ミルタウンの町中でいい音楽を聴ける確率は週末に近づくにつれて減少する、と考える人も多いようです。

「町が音楽だらけになるのはいいけどね、本当にいいセッションに出合う前に10個ぐらい悪いセッションも聞かなきゃいけないから!」などと大げさに話す人もいましたが、それだけ混沌とした側面があるのかもしれません。

音楽を楽しみたい音楽家たちは、セッションを破壊する見知らぬミュージシャンや酔っ払いに邪魔されることのない、ミルタウン近辺の町や村のパブに移動してセッションをしていたりします。

ミルタウンセッション (3)
通りで即興的に始まったセットダンス。踊るのはクレアに住む名ダンサーたち。

彼らが実際にパブでセッションを始めるのは、どのようなタイミングなのでしょう。
たいていの場合、ミュージシャンたちは普段からの音楽仲間や友人らと連絡を取り合ってパブで落ち合う、または通りで偶然合流して一緒にパブへ向かう、といった方法でセッションを始めるケースが多いようです。
また、入ったパブで知り合いや仲間が演奏していて、「楽器持ってるなら入ってよ!」、「よし、じゃあ車から取ってくる」というようなこともあります。

ミルタウンセッション
ミュージシャンたちのお気に入りのパブの一つ、クリアリーズ(Clearys)。ブロンズ(Blondes)の愛称で親しまれる

彼らはセッションに参加したいがためにミルタウンに来ているのではなく、この小さなアイルランド音楽のシーンにいる懐かしい友人や知人に会いに、またその祭りの雰囲気を楽しむために足を運んでいるように見えます。それは、さながら同窓会のような雰囲気です。

若者や子ども、訪問客をのぞいたあるレベルの音楽家たちが、入れるセッションを求めて楽器を片手に歩き回っていることはほとんどないようです。全く面識のないメンバーのセッションに入るなど、まず考えられないというのが彼らの日頃からのスタンスではないでしょうか。こうしたところは、いかにもアイルランド人らしい行為のように思えます。

また、セッションには加わらずひたすら音楽に耳を傾けるミュージシャンたちの姿を多く見かけるのも、ミルタウンです。
独特の緊張感があると同時に、こうした光景がこの音楽のクオリティーを支えているようにも見えます。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking
関連記事

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

コメント:

非公開コメント