09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

古い曲、新しい曲

2017.10.25 08:21|アイルランド音楽の曲
前回の記事で、アイルランドの曲には流行があること、流行には古い曲も新しい曲も一様に波を受けていることを書きました(「曲にも流行りすたりがある」)。

この古い曲と新しい曲について、今回は簡単に書いてみたいと思います。

古い曲と新しい曲。厳密なくくりは存在せず、敢えて言うなら作曲者が分かっている曲(つまり記録に残り得るほど近年に作られた曲)は新しい曲、と呼ばれます。英語では単にNew tunesとかNewly composed tunes(新しく作曲された曲)などと表現されたりします。
また、一般的に古い曲というのはアイルランドに昔から口承で伝えられてきた伝統曲で(Traditional tunesとかClassic tunesなどと言われます)、その多くは作者不詳です。こうした古い曲は膨大な数が存在し、アイルランド音楽はこの古い曲群をメインに演奏されていると言っていいのではないでしょうか。

数ある教則本の中には特定の作曲家(Composer)の曲集も多く、お気に入りのコンポーザーがいればこうした本を購入するのも面白いですね。

大きな特徴として、近年作られた新しい曲というのは多くの場合メロディーを聞いただけで誰が作った曲なのかが分かります。
それだけ作曲家の色がはっきりしているというのでしょうか、作曲というのはそもそもそうした作業なのかなとも思います。
また、更には新しい曲はやはりどこか新しさがあり、前述のいわゆる古い曲とは雰囲気の異なるものが多いようです。つまり、「誰が作ったのかは知らないけど、これは明らかに新しい曲だ」という区別がついてしまったりします。

Tommy Peoples曲集
[友人から長期レンタルさせてもらっているDonegalのフィドル奏者でコンポーザーのTommy Peoplesの本]

そんな、一見相容れないようにも思える古い曲と新しい曲。
実際の演奏場面ではどのようなことが起こっているのでしょうか。
アイルランドでは、古い曲も新しい曲も何の区別なく自然にミックスされ演奏されています。セットとしてつなげて演奏されることはもちろん、パブでのセッションでホストのミュージシャンの十八番の曲が実は比較的新しい曲で、でも本人は何も知らずに弾いている・・なんていうこともあります。「私は伝統曲(古い曲)しか弾かない」とか「新しい曲はそれだけで分けて弾かれるべき」といった発想はあまり聞きません。

友人らと一緒にセッションをしていると、セットの合間のおしゃべりの際に「知ってた?この今やった曲さ、○○が作ったんだよ」「えっ、そうなの?!だってこの曲、既に全国の定番曲に近いよね?」というような発見があったりして、心底驚くこともあります。

皆さんの定番曲は、古い曲ですか?新しい曲ですか?どんな作曲家がお好みでしょう?

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽