08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

デイヴ・フリン@ラトリエ(渋谷) 静寂の中で

2013.07.25 07:29|Dave Flynn Japan Tour
いよいよ今週末に迫ってきました、デイヴ・フリン ジャパンツアー2013の東京公演。

7月27日(土)は渋谷にあります「ラトリエ」という会場でコンサートが行われます。

ラトリエは、JR渋谷駅より徒歩8分ほどの場所に、去年誕生したばかりの新しいサロンコンサートホールです。
演奏会のほかギャラリー、展示会の会場としても利用されています。
オーク材の木の温かみと高さ5メートルの天井が、自由で心地よい空間を演出します。

ラトリエ

ホールを見上げると、ガラス張りになった2階はヴァイオリンをはじめとした弦楽器工房になっており、洗練された雰囲気が感じられます。

ラトリエ4

渋谷駅から明治通りを歩き、こちらのサインが左手に見えてきたら、ラトリエに到着です。

ラトリエ2

デイヴ・フリン コンサート@ラトリエの詳細は以下の通りですのでご確認ください。

7月27日(土)  l'atelier(ラトリエ)
開場 18:00  開演 18:30
料金:前売 3,000円  当日3,500円
出演:デイヴ・フリン(ギター) 小松 大(フィドル)
東京都渋谷区東1-26-30渋谷イーストビル1F(JR渋谷駅より徒歩8分)
チケット予約:info※bbird-music.com(※印を@に変更してご送信ください) 電話 090-1834-6007(小松 大)ご予約時には①お名前②ご予約人数③緊急時ご連絡用電話番号の3点をお知らせください。
会場へのお問い合わせ:ラトリエ(日・月休み)03-6427-1088
ラトリエへの地図はこちら

ラトリエ3

ラトリエでのコンサートは、事前にメールかお電話でご予約いただきますと、前売料金が適用されます。ぜひご一報ください。

今週の土曜日、この美しく贅沢な渋谷の異空間に、アイルランドを代表する名ギタリスト、デイヴ・フリンのギターの音色が鳴り響きます。
何に邪魔されることなく、静寂の中で心ゆくまで堪能するデイヴのギター。
まさに至福のコンサートではないでしょうか。

デイヴ・フリン@アルコ-2
[名古屋、アルコでのデイヴ]


デイヴ・フリン@幸田町
[愛知県幸田町でのコンサートにて、デイヴ・フリンと小松大の共演シーン]

デイヴのコンサートの内容は実に豊富です。

メインとなるギターソロによるアイルランド音楽演奏だけでなく、柔らかく包み込むようなデイヴの歌もまた最大の魅力の一つです。
伴奏者としてのデイヴの腕を存分に聴かせてくれる、フィドル奏者小松大との共演も大きな反響を呼んでいます。
また、ギター演奏では日本ならではのお楽しみも用意しているようです。特にギター奏者の方にとっては、必見のコンサートとなるはずです。

今週の土曜日、渋谷ラトリエにて、皆さまのお越しを小松とデイヴが心よりお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 ワールドミュージック

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

いよいよ明日、デイヴの最初のコンサートです!

2013.07.19 22:03|Dave Flynn Japan Tour
いよいよ明日の夜、7月20日(土)19:00よりデイヴ・フリンの最初のコンサートが行われます。

会場は愛知県名古屋市、千種区にあるカフェ&キッチン ドリトルです。
カフェ&キッチン ドリトルのウェブサイト

地下鉄東山線「覚王山」駅の4番出口から徒歩12分の場所にあるドリトルは、閑静な住宅街にあるとてもおしゃれなカフェです。(ドリトルへのアクセスはこちらをご覧ください)

ドリトル写真2

ドリトルでのコンサートは、お食事プレートとワンドリンクがついてのセット料金でお楽しみいただけます。
開場は18:00からですので、早めに行って食事を楽しまれてからゆっくりとコンサートを聴いていただけます。

ゆったりとした空間はモダンなデザインで統一され、コンサートを楽しむのにぴったりです。

ドリトル写真3

ドリトルでのコンサートは前売、当日共に同料金の3,800円(お食事プレート&1ドリンク付き)でご用意しております。ご予約も、もちろん承っております。
ご予約、お問い合わせはお電話にてお願いいたします。
ドリトル電話番号:052-762-0809

皆さまのお越しを、心よりお待ち申し上げております!どうぞよろしくお願いいたします。


デイヴ・フリン ジャパンツアー 2013 1stコンサート
7月20日(土)  Cafe & Kitchen DooLittle
 オープン 18:00  スタート 19:00
 チケット:前売/当日 3,800円 (お食事プレート&1ドリンク付き)
 出演:デイヴ・フリン(ギター) 小松 大(フィドル)
 愛知県名古屋市千種区田代本通5-3 nuビル1F
 予約/お問い合わせ:カフェ&キッチン ドリトル 052-762-0809 地図

ドリトル写真4


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 ワールドミュージック

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

デイヴ・フリンとパット・オコナー&オーイン・オサリヴァン

2013.07.17 16:58|Dave Flynn Japan Tour
日本の皆さんには既におなじみとなったパット・オコナー&オーイン・オサリヴァン。
ブラックバードミュージック主催の彼らの来日ツアーは、おかげさまで毎回ご好評をいただいております。

日本以外にもツアーに出かける二人ですが、つい2週間ほど前に、今年に入って2度目のアメリカツアーから戻ってきました。
アメリカで二人の音楽をサポートする多くの人々に支えられ、今回も素晴らしい時間を過ごしてきたようです。

パット&オーインアメリカツアー夏2013
[アメリカ、メイン州にて行われたフェスティバルにてパフォーマンスをするパットとオーイン]

このブログでも今回のアメリカツアーの様子を含め、今後の二人の音楽活動を随時ご報告していきたいと思っています。

そんなブラックバードミュージックがプロデュースするパット・オコナー&オーイン・オサリヴァンですが、今回初来日するデイヴ・フリンとも親交が厚いことで有名です。

パット、オーイン&デイヴはダブリン、ゴールウェイ、クレアにてトリオとしての演奏履歴があるほどで、音楽的にも非常に相性のいい3人なのです。

デイヴ・フリンとパット・オコナー&オーイン・オサリヴァン
[パットとオーインのCDラウンチにて、二人の演奏に参加したデイヴ・フリン]

パットとオーインの持つドライブ感あふれるリズムは、ギター奏者であるデイヴにとって魅力的です。
また、ギタリストとしてのデイヴは、パットとオーインの音楽にしっかり馴染み、この人を抜いてほかにいないと言わせるほどの実力者です。

「こんなに一緒に演奏しやすいギタリストは他にいない」

「僕たちの弾くメロディーラインに立ち入るようなことは決してしないが、よく耳を澄ませるととんでもない高度なことをやっている」

パットとオーインのデイヴへの賛辞には終わりがありません。
デイヴ・フリンは、パットとオーインも太鼓判を押す、非常にクオリティーの高いギタリストなのです。

オーイン・オサリヴァンとデイヴ・フリン&コンテンポ四重奏団
[オーイン・オサリヴァンを迎えて行われたデイヴ・フリンとコンテンポ弦楽四重奏団のコンサート 2012年コーク市立大学にて]

アイルランド音楽をギターで伴奏するミュージシャンは、今や数多く存在します。
当然さまざまなスタイルの伴奏があって然りですが、パットとオーインがここまで高く評価するデイヴのギタースタイルを、ぜひ体感していただきたいと思います。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 ワールドミュージック

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

デイヴ・フリンから日本の皆さんへのメッセージ

2013.07.15 07:46|Dave Flynn Japan Tour
西クレアの町ミルタウンマルベイで行われていたウィーリー・クランシーサマースクールも、先週末で幕を閉じました。

日本からもCCEのダンサーの方々をはじめ、多くのかたが訪れていたようです。
私もミルタウンに出かけた際、日本の方々とお会いする機会があり、道端でのおしゃべりでしたがとても楽しく過ごさせていただきました。

サマースクールの期間中には、いよいよ次の週末に始まるデイヴ・フリンのジャパンツアーのチラシを日本人の皆さんに配布させていただきました。

チラシをお渡しすると、「このツアーの話、知ってますよ」、「ブラックバードミュージックさんですよね」とお声をかけていただき、とても嬉しかったです。
また、何人かの方にはこの日私がお会いできなかった日本人の皆さんに、チラシを配っていただけることになりました。皆さん、ご協力ありがとうございました!大変感謝しています。

さて、そのデイヴ・フリン。

日本人の何人かの方から「昨日の夜、セッションでデイヴさんにお会いしました」と聞きました。

「(デイヴは)フィドルを弾いていました」とのこと。

そうなんです。彼はギターに限らずマンドリン、ブズーキ、フィドルなど弦楽器ならほとんど何でもこなすのでは、というほどのマルチプレーヤーなのです。

ミルタウンの町中にあるフリールズ(Friels)は、サマースクール期間中だけでなく年間を通して質の高いセッションが聴けるパブとして有名ですが、ここでデイヴ本人にばったり会いました。
プロモーション用に写真を撮りましたのでアップさせていただきます。

デイヴ・フリンと著者 (3)
[デイヴ・フリンと著者。ミルタウンマルベイのパブ、フリールズにて]

さて、そのデイヴから日本の皆さんに向けてメッセージが届いていますので、今日の記事でご紹介したいと思います。(以下)

日本の皆さん、こんにちは。
今回日本に行く機会に恵まれて、今からとても楽しみにしている。日本はおろかアジアを訪れ、しかもパフォーマンスをするのはこれが初めてなんだ。だから僕にとってはいろいろな意味で今回の来日は初体験となる。

信じられないかもしれないけど、ダブリンで育った子ども時代にテレビで相撲の番組を見ていたんだ。それ以来日本にはすごく興味があった。
あの頃は千代の富士が大活躍していて、小錦のような大きな相手を負かす様子にとにかく圧倒されたよ。

日本食も大好きで、特に本場のお寿司を食べられるのを今からとても楽しみにしている。

日本の音楽にもとても興味があって、特に琴、尺八、それに雅楽には惹かれるね。日本滞在中に本物の日本の音楽をどこかで聴けたらいいなあ、と思っているんだ。

とは言え、これらは日本に行く僕の本当の目的ではなくて、僕はもちろん自分の音楽を演奏しにいくわけだ。
そういう意味で、本物のアイルランドの文化を、日本に伝えることができたらと思っている。

日本でのコンサートでは、僕のソロアルバム「Contemporary Traditional Irish Guitar」に収録されているような、過去100年間に作曲されたアイルランドの伝統曲を中心に演奏することになると思う。
パディー・ファヒー(Paddy Fahy)、トミー・ピープルズ(Tommy Peoples)、エド・リーヴィー(Ed Reavy)、チャーリー・レノン(Charlie Lennon)といったアイルランドの作曲家たちによって作られた曲だ。

もちろん僕自身も作曲を手がけるから自作の曲もぜひ披露したいし、これよりさらに古い作曲家不詳のアイルランドの伝統曲を織り交ぜながら、パフォーマンスができたらと考えている。

今回のツアーで日本のフィドル奏者、小松大と共演することになり、これもとても嬉しく思っている。

アイルランドの詩人、ポードリック・オバーン作詞、僕が作曲を手がけた歌もいくつか歌えたらなとも思っているんだ。これらの歌は、僕のファーストアルバム「Draíocht」に収録されている。

日本の皆さんに会場でお会いできるのを、今からすごく楽しみにしているよ。

デイヴ・フリン




どうぞご期待ください・・・!!!


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 ワールドミュージック

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

デイヴ・フリンのワークショップ ~ギター、マンドリン、ブズーキ~

2013.07.05 20:14|Dave Flynn Japan Tour
皆さんこんにちは。最近はずっとデイヴ・フリンジャパンツアー2013のキャンペーンで、ずいぶんとお騒がせしています。

本日は、デイヴのツアーの一環として東京にて開催されます、デイヴ・フリンのワークショップのご案内をさせてください。

会場は東京、中野の顔として知られる中野サンプラザ、開催日は7月28日(日)です。
CCE東京さまの後援を受けて実現した企画で、アイリッシュダンスの練習会場としても使用される、8階の広々としたお部屋をお借りしてのワークショップです。

ワークショップとはつまりグループレッスンのことを指しますが、今回のデイヴのワークショップは彼の楽器であるギターに限ったものではありません。

参加できる楽器は、ギター(クラシックギター、アコースティックギター)、マンドリン、ブズーキ。

というのも、これらの楽器はデイヴがいずれも得意とする演奏楽器なのです。
また、これらの楽器すべてを対象とすることで、アイルランド音楽における弦楽器(フィドルを除く)の奏法を、受講者の皆さまに学んでいただければと思っています。

ギター、マンドリン、ブズーキといった弦楽器は、アイルランド音楽の世界ではしばしば伴奏楽器として位置づけられます。これらの弦楽器は、アイルランド音楽にとっては比較的歴史の浅い楽器ですが、今やパブでのセッションやコンサート、バンド編成において当たり前に見かける楽器となりました。

daveflynnpic1.jpg
[マンドリン、ブズーキのエキスパートでもあるデイヴ]

しかし、これらの楽器が伴奏だけに固執してしまうわけではありません。
デイヴがソロアルバムで指し示しているように、ギターであっても、またブズーキであっても、アイルランド音楽のメロディーラインを演奏することができるのです。
いえ、むしろ伴奏に徹することなくアイルランド音楽における数々の曲のメロディーを理解することは、伴奏者にとってはとても有意義なことではないでしょうか。

そんなコンセプトのもと、デイヴのワークショップはアイルランド音楽の伴奏法、メロディー奏法の二つを軸に進行する予定です。

アイルランド音楽で既に伴奏をされる方、マンドリン等でメロディー中心にアイルランド音楽を楽しまれている方、そして、これらの楽器を演奏される方で、アイルランド音楽の経験はないがご興味のある方。
経験年数などは問いません。
ぜひこの貴重な機会をお見逃しないよう、よろしくお願いいたします。

以下、ワークショップの詳細です。

東  京
【開催日】7月28日(日) 13:30~15:30
【会 場】中野サンプラザ8階グループ室2 (東京都中野区中野4-1-1 地図はこちら
【講 師】デイヴ・フリン(ギター)
【料 金】ワークショップ参加 3,000円(CCE会員2,500円) 聴講のみの参加 2,000円(CCE会員1,500円)
【対 象】ギター、マンドリン、ブズーキでの参加が可能です。経験年数は問いません。
【後 援】CCEジャパン

ワークショップ詳細:
○講師フリン氏の専門であるギターとそれに準ずる楽器を対象としたワークショップ(グループレッスン)です。
○アイルランド音楽のためのワークショップですが、アイルランド音楽の演奏経験がない方の受講も歓迎します。
○上記の弦楽器におけるアイルランド音楽の伴奏法、メロディー奏法の二つを軸に進行する予定です。
○途中に休憩が入ります。
○通訳がつきます。
○受講費は当日会場にてお支払いください。

【お申し込み方法】
ワークショップのお申し込みは、①お名前②ご希望の参加スタイル(ワークショップ参加or聴講参加)③ワークショップ参加の方は楽器名④メールアドレス(PCからのメールが受信可能なアドレスをお願いいたします)⑤緊急時ご連絡用電話番号、以上5点をご明記の上、下記のアドレス宛てにお申し込みください。
info*bbird-music.com (*印を@に変更してご送信ください)

皆さまからのお申し込みを、心よりお待ち申し上げております!


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 ワールドミュージック

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽