10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

2018年のフィークルキャンプは5月です!

2017.11.15 21:03|Feakle Irish Music Camp
皆さんこんにちは、フィークル村の望月えりかです。
アイルランドはハロウィーンが終わるやいなや一気にクリスマスモード、テレビのCMなどもクリスマス一色となってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、ブラックバードミュージックのフェイスブックに「いいね」をしてくださっている皆さんはもしかするとお気づきかもしれませんが、来年2018年のフィークルキャンプのイベントページを既にこちらに作成してみましたのでご覧ください!!!
Feakle Irish Music Camp 2018(←クリック!)

フェイスブックに登録をされていない皆さんにも閲覧していただけます。過去のキャンプの写真やビデオなどもこちらに多数アップロードしておりますので、ぜひご覧ください!

ただ今日本支部(名古屋にあります 笑)の小松大さんと連携しながら、これに向けたフライヤーの作成とブラックバードのウェブ上でのページ作りをしているところです。準備が整い次第、またお知らせをさせてください!

DSCF8480.jpg

2018年のフィークルキャンプ、内容に関しては大幅な変化をあえて加えていません。
リピーターの参加者さんにとっても単なる繰り返しにならない体験型のミュージックキャンプであることが分かってからは、私たちが提供したいもの、皆さんに持ち帰ってもらいたいものを、妥協せずにプログラムいっぱいに盛り込んだ内容となっています。

あえて言うなら、キャンプの日程時期が8月から5月へ変更になっていること、ご注意いただきたいと思います。
アイルランド全国で伝統音楽のフェスティバルやイベントが催される8月は、夏休みということもあり多忙な月です。
それに比べると5月は春爛漫でのんびり。個人的に私はアイルランドで最も好きな月で、フィークルのような田舎ではとりわけ美しい自然の見られる季節です。ちょうど日本のゴールデンウィークにもかかる時期ということが分かり、またキャンプ終了直後はアイルランドのBank Holiday Weekendと呼ばれる3連休の週末の一つで、各音楽フェスティバルへはしごすることも可能です。
いずれにせよ、8月とは全く違う雰囲気のフィークルキャンプをお楽しみいただけるはずです。

DSC_0619.jpg

早いもので、フィークルキャンプも5回目を迎えようとしています。
現地アイルランドでのミュージックキャンプ開催に向けてコンセプトとしていたキーワードがあります。

少人数制。アットホーム。ローカル。伝統のコア。人とのつながり。

5年後の今も、こうしてこのコンセプトに妥協しない企画作りができていること。
これはひとえに、私たちのアプローチに賛同し自ら足を運んでくださる参加者さんがいてこそです。改めて、今までのフィークルキャンプにご参加くださったすべての皆さんに感謝申し上げます。

DSCF8421.jpg

フィークルキャンプは、現地集合現地解散型の少人数制ミュージックキャンプです。言語や生活習慣のバリアーを越え、彼らの生活や音楽世界に一歩踏み込んだところでアイルランド音楽を学ぶ4泊のプログラムです。
在アイルランドの日本人スタッフをはじめ、ミュージシャンを含めた地域の人々にさまざまな形でかかわってもらい、アットホームで密接な学びの場をご提供しています。
現地の音楽家たちから直接指導を受ける3日間の楽器別ワークショップは日本語通訳つき、レッスンの細部まで吸収していただけます。
4夜連続で地元パブを訪れ上質のセッションをご体験いただけるほか、セッションワークショップ、セットダンス体験クラス、自然の中を歩くミュージックウォーク、隣町Tullaの音楽施設訪問等イベントを多数ご用意しています。キャンプのハイライトでもあるハウスコンサートは完全プライベート。東クレアの音楽家や歌い手たちを招き、手作りの食事と共にお送りします。

P8113204.jpeg

真剣な学びの場あり、現地のミュージシャンやダンサーたちとのフレンドリーな交流あり、日本全国各地から集まる同志と和気あいあい、刺激的で大変な盛り上がりを見せるフィークルキャンプ。アイルランドの田園風景の中、想像以上の充実感にひたれる夢のような数日間です。

開催時期:2018年5月1日(火)~5月5日(土)
※初日の火曜日は夕方よりオープニングが開かれます。19:00までにご到着ください。また、最終日の土曜日は午前中に最後のワークショップが行われます(正午解散予定)。

開催場所:クレア州フィークル村(アイルランド)
参加費:48,000円 ※宿泊費、食事代は含まれませんのでご了承ください。(1日目&3日目の夕食は含む)
参加対象:フィドル/フルート/コンサーティーナのいずれかでアイルランド音楽を学ばれている方。経験年数は問いません。
※上記の楽器以外でもご参加が可能です。その場合、3つの楽器別ワークショップ中は聴講という形で自由にご受講いただけます。
お申し込み方法:①お名前 ②参加楽器の2点をご明記のうえ、下記のアドレスにEメ ールにてお申し込みください。参加費のお支払いをもってキャンプの正式なお申し込みとさせていただきます。
※ユーロでのお支払いをご希望の方はご相談ください。
※最少参加者数:10名
お申し込み先:info@bbird-music.com(ブラックバードミュージック 望月)

***宿泊&交通手段もおまかせ!***
フィークル村の中央に位置するロックナーンズ(男女別相部屋 1泊/€20-25ユーロほど)&クレア州の州都エニス⇔フィークル間のローカルバスの予約代行(無料)を承ります。各空港からのルート等もご相談いただけます。

お問い合わせ:ブラックバードミュージック
info@bbird-music.com (望月)
電話 090-1834-6007(小松/日本) 087-214-2750(望月/アイルランド)

DSCF8394.jpg

こんな音楽家たちに出会えます!
過去のワークショップ講師陣
フィドル:Claire Egan / Pat O’Connor / Eileen O’Brien / Breda Keville
コンサーティーナ:Mary MacNamara / Claire Keville / Kate McNamara / Terry Bingham
フルート:Christy Barry / Jennifer Lenihan / John Kelly / Paul Smyth / Leon Agnew
コンサート
Vincent Griffin / Helen Hayes / Paula Carroll / Amy & Gearoid McNamara 他
パブセッションホスト
Andrew MacNamara / Brendan Hearty / John Canny / Mark Donnellan / Eoghan O'Sullivan 他

フィークルキャンプのプロモーションビデオはこちらです。
Feakle Irish Music Campに参加しよう!


Feakle Irish Music Camp セットダンス編


Feakle Irish Music Camp セッション編


お申し込み、お問い合わせは随時受け付けております。
初めての方で参加を迷われておられる方、ぜひお気軽にご相談ください。各空港からの交通手段、村での宿の予約等サポートしております。

皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

繰り返しにならない学びの場

2017.05.03 22:51|Feakle Irish Music Camp
ブラックバードミュージックでは、日本国内およびここアイルランドにて、ミュージックキャンプの主催をしています。
アイルランドの伝統音楽を、現地の音楽家たちから直接習う。大人数のワークショップに座るだけでなく、もう一歩踏み込んで、講師のアイルランド人の言葉の一つ一つもすべてくみ取ってもらう学びの場です。

8月開催のフィークルキャンプでは、フィドル、コンサーティーナ、フルートの3つの少人数制ワークショップを3日間ご用意しています。胸に名前をつけて、講師のミュージシャンとファーストネームで呼び合える距離の、濃密な時間です。

フィークルキャンプ2016 (6)

初回のキャンプから、毎年参加してくださる熱心な方がいらっしゃいます。
私が頑張って説明するより、彼女のキャンプに対する言葉の一つ一つに重みがありますので、抜粋してご紹介させてください。

キャンプの詳細だけ見ると去年と同じ内容に思えても、「単なる繰り返しの体験ではありませんでした」との言葉が、とても印象に残りました。
こんなことを言うのはおこがましい話ですが、彼女自身が毎年上達しているので、毎年見えるものが違う。得るものが違う。自分の音楽の糧となる材料を毎年フィークルから日本に持ち帰り、一年を通して咀嚼して、また8月にぐんと伸びた彼女が戻ってくる。そういうことなのだろうなと思います。
こんな方に出会えたことが、主催者の私にとっては何よりの幸せです。

以下、彼女のフィークルキャンプへの感想の一部です。

どのイベントに限らず、ワークショップもセッションもコンサートもウォーキングも、そこに集う現地の方々との交流や、パブや自然といった環境を楽しむことができてとてもよかったです。わたし自身があまり積極的にたずねようとしなくても、自然に静かに(音楽がにぎやかでも!)押し付けることなくいろいろな大切なことや大事にしていることを伝えようとしてくださっている。
そういった人、音楽、自然を感じることのできるキャンプでした。

CDでもYouTubeでも月何回もあるライブでも、アイルランド音楽やそのようなものは聴けますが、それらを何万回聴いてもきっと得るのは難しい繊細なわくわく感を、しかも、ただひとりでアイルランドに来ただけでは体験できないような形で感じることができて、本当によかったです。

フィークルキャンプ2014 3日目 (1)

そこの土地で生まれた音色やリズムののびやかさを実感でき、幸せな学びでした。地元の方々の歌あり、踊りありの楽しい空間に、楽器を持って座っていられたのは本当によかったです。
2回目の参加は単なる繰り返しの体験ではありませんでした。
集った方々とのゆったりしたおしゃべりも、ホステルや近くのお店の人々とのやりとりも、右往左往スパルタ?に教わるセットダンスも、人あってのアイルランド音楽、という実感に自然と結びつくよい機会でした。

先人の演奏や自然、生活、文化など、それぞれの根っこが地面からどのようなものを吸収してきたかを言葉や演奏で伝えてくださり、その地面にいかに敬意を表しているかが演奏の表現であるように思いました。ただ「アイリッシュ風」の演奏を身につけようとするのではなく、フィークルで吸収したものへの敬意を表せるような練習をしていきたいです。また、これからも講師の方が教えてくださった演奏家の演奏を聴くことでも、自分の演奏の栄養源として吸収していきたいと思っています。

8月のフィークルキャンプは、まだまだ参加者を募集中です。
どうぞお気軽に、私望月までお問い合わせください。どうぞよろしくお願いいたします!
フィークルアイリッシュミュージックキャンプ2017

来月国内は長野県で開催されますミュージックキャンプの詳細はこちらです。まだ少し定員まで空きがございます、こちらも合わせてお申し込みください!
信州姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

フィークルキャンプ、2017年も開催決定です!

2017.04.19 00:09|Feakle Irish Music Camp
皆さんこんにちは!ブラックバードミュージックの望月えりかです。
今年で4回目を迎えますフィークルキャンプですが、おかげさまで開催が無事に決定いたしましたのでこちらでお知らせをさせてください。

毎年毎年、今年のキャンプはどうなることかと気を揉んでしまう私ですが、いつも励ましてくれる友人やこの企画を支えてくれる皆さん、そして何よりキャンプの意義を理解してくださり参加を申し出てくださる皆さんのおかげで、貴重な4泊の時間をお届けすることができます。この場をお借りしてお礼申し上げます。

開催決定に伴いまして、今後の参加お申し込みは、キャンプ開始日(2017年8月15日)の1週間前まで受け付けております!
お問い合わせ、ご相談に関しましてもお気軽にご連絡ください!

フィークルキャンプ2016 (5)
[ハウスコンサートの一幕]

毎年8月に主催する現地企画Feakle Irish Music Camp(フィークルキャンプ)は、言語や生活習慣のバリアーを感じることなく現地の音楽家たちから直接指導を受け、アイルランド音楽をみっちり学ぶ4泊の少人数制プログラムです。
完全日本語通訳付きの楽器別ワークショップ、本場のセッションを連夜体験、セットダンス体験クラス、個人宅でのハウスコンサートなど盛りだくさんの内容で、毎年大きな反響を呼んでいます。
真剣な学びの場あり、現地のミュージシャンやダンサーたちとのフレンドリーな交流あり、アイルランドの田舎の風景に入り込んだようなアットホームなイベントで、毎年和気あいあいとした雰囲気の中、想像以上の充実感にひたれる夢のような数日間です!

フィークルキャンプ2014 2日目 (3)
[快晴に恵まれた大自然の中のウォーキング]

開催時期:2017年8月15日(火)~19日(土)
※初日の火曜日は夕方よりオープニングが開かれます。19:00までにご到着ください。また、最終日の土曜日は午前中に最後のワークショップが行われます(正午解散予定)。
※同村の伝統音楽イベントFeakle Festivalの終了直後にスタートします。
開催場所:アイルランド、クレア州フィークル村 Feakle, Co.Clare, Ireland
参 加 費:48,000円 ※宿泊費、食事代は含まれませんのでご了承ください。(1日目&3日目の夕食は含む)
参加対象:フィドル/フルート/コンサーティーナのいずれかでアイルランド音楽を学ばれている方。耳で聴いて、または楽譜(ABC譜)を見て曲をおぼえられる方。経験年数などは問いません。
※上記の楽器以外でもご参加が可能です。3つの楽器別ワークショップ中は、聴講という形で自由にご受講いただけます。
申し込み方法:①お名前(ふりがなもお願いいたします) ②参加楽器の2点をご明記のうえ、下記のアドレスにEメ ールにてお申し込みください。
参加費のお支払いをもってキャンプの正式なお申し込みとさせていただきます。※ユーロでのお支払いをご希望の方はご相談ください。
※最少参加者数:10名
申し込み先:ブラックバードミュージック 望月 info@bbird-music.com
申し込み期限:キャンプ開始日(2017年8月15日)の1週間前まで受け付けております。

宿泊:参加者の方で宿泊先をご検討の方は、フィークル村の中央に位置するロックナーンズ(男女別相部屋)の予約代行(無料)をご利用ください。宿泊費は1泊/20ユーロほどです。
交通手段:クレア州の州都エニス⇔フィークル間のローカルバスがご利用いただけます。こちらも予約代行(無料)を承ります。各空港からのルート等もご相談いただけます。

フィークルキャンプ2014 1日目 (3)
[現地のミュージシャンを囲んで充実のワークショップ]

今年はどうしようかな、と迷われている皆さん。まだ未体験の皆さん。ぜひご検討いただきまして、私望月の方までどうぞお気軽にご一報ください。
フィークルキャンプでは、日々この音楽を学ばれる皆さんにとって決して繰り返しにならない、貴重な学びの場をご提供しています。

キャンプの詳細は当ウェブサイトに掲載されています。
Feakle Irish Music Camp 2017
フィークルキャンプ2017のフライヤー(PDFで開きます)はこちらです。
Feakle Irish Music Camp 2017 フライヤー
フェイスブックのイベントページもご用意しております!
Feakle Irish Music Camp 2017 フェイスブック イベントページ

皆さまからのご連絡をお待ち申し上げております!ありがとうございました。

望月えりか

6月の企画↓
PAT O'CONNOR & EOGHAN O'SULLIVAN JAPAN TOUR 2017
信州姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

フィークルキャンプのフライヤーが完成です!

2017.02.18 00:04|Feakle Irish Music Camp
日常の中で感じる音楽のことなどをもっと文章にしていきたいと思いつつも、最近はブラックバードミュージックのイベントのご案内が連続してしまい、恐縮です。

8月にここフィークル村にて主催するフィークルキャンプは、年中お申し込みを受け付けておりますが、毎年この時期になると本腰を入れた宣伝がスタートします。
今から4月半ばまでの約2ヶ月間で10名の参加者さんからお申し込みをいただきますと、フィークルキャンプは開催決定となります。皆さんのキャンプ参加への意志と熱意で初めて実現するキャンプです。

おかげさまで、フィークルキャンプは今年で第4回目を迎えます。今まで参加してくださった日本全国の皆さんに感謝するとともに、初回から未来に向けて、1本の糸のように途切れない何かを保つことができたらいいなと思っています。それは、キャンプを通してできた皆さんとの出会いであったり、この音楽に込められた私たちなりのメッセージであったり、参加者同士だけでなく、このキャンプに関わるアイルランドのすべての人々とのふれあいから始まる人の輪であったりするのかな、と思っています。

今年は初めて、フィークルキャンプのフライヤーをデザイナーの方にお願いし作成しました。
企画者であるが故に持つ盲点をご指摘くださったり、この楽しく貴重なフィークルキャンプの持つ雰囲気をどなたにも分かりやすくデザインしていただきました。

フィークルキャンプ2017フライヤー

紙媒体のフライヤーは、名古屋の小松大さんが全国各地の皆さんに配布、郵送してくださっています。
また、以下のリンクをクリックしますとPDFデータでフライヤーを閲覧することができますので、ぜひご利用ください。印刷にもどうぞ。
Feakle Irish Music Camp 2017 フライヤー

フィークルキャンプは、在アイルランドの日本人スタッフ進行のもと、言語や生活習慣のバリアーを感じることなく現地の音楽家たちから直接指導を受け、アイルランド音楽を学ぶ4泊のプログラムです。
完全日本語通訳付きの楽器別ワークショップ/学ぶ視野から本場のセッションを連夜体験/セットダンス体験クラス、ハウスコンサートなど盛りだくさんの内容で、毎年大きな反響を呼んでいます。
真剣な学びの場あり、現地のミュージシャンやダンサーたちとのフレンドリーな交流あり、アイルランドの田舎の風景に入り込んだようなアットホームなイベントで、毎年和気あいあいとした雰囲気の中、想像以上の充実感にひたれる夢のような数日間です。

開催時期:2017年8月15日(火)~19日(土)※同村の伝統音楽イベントFeakle Festivalの終了直後にスタートします。
開催場所:アイルランド、クレア州フィークル村 Feakle, Co.Clare, Ireland
参 加 費:48,000円   ※宿泊費、食事代は含まれませんのでご了承ください。(1日目&3日目の夕食は含む)
参加対象:フィドル/フルート/コンサーティーナのいず れかでアイルランド音楽を学ばれている方。
耳で聴いて、または楽譜(ABC譜)を見て曲をおぼえられる方。経験年数などは問いません。
※上記の楽器以外でもご参加が可能です。3つの楽器別ワークショップ中は、聴講という形で自由にご受講いただけます。
申し込み方法:①お名前(ふりがなもお願いいたします) ②参加楽器の2点をご明記のうえ、下記のアドレスにEメ ールにてお申し込みください。
参加費の一部として予約金をお振り込みいただきます。予約金のお支払いをもってキャンプの正式なお申し込みとさせていただきます。
※ユーロでのお支払いをご希望の方はご相談ください。
※最少開催人数:10名(定員に達しない場合は予約金をご返金いたします)
申し込み先:ブラックバードミュージック 望月 info*bbird-music.com(*印を@に変更してご送信ください)
申し込み期限:2017年4月16日(日)
宿泊:参加者の方で宿泊先をご検討の方は、フィークル村の中央に位置するロックナーンズ(男女別相部屋)の予約代行(無料)をご利用ください。宿泊費は1泊/20ユーロほどです。
交通手段:クレア州の州都エニス⇔フィークル間のローカルバスがご利用いただけます。ご希望の際には予約代行(無料)を承ります。各空港からのルート等もご相談いただけます。

キャンプの詳しいご案内は、当ウェブサイトに掲載されています。
Feakle Irish Music Camp 2017 アイルランド音楽を現地で学びませんか?

フェイスブック上にもイベントページを作成しております。
Feakle Irish Music Camp 2017 フェイスブック イベントページ

フィークルキャンプのプロモーションビデオはこちらです。
Feakle Irish Music Campに参加しよう!


Feakle Irish Music Camp セットダンス編


Feakle Irish Music Camp セッション編


キャンプの参加お申し込み、お問い合わせ共に上記のメールアドレスにて承っております。ぜひお気軽にご相談ください。
毎年参加してくださるリピーターの皆さん、今年もお待ち申し上げております。
初めての方で参加を迷われておられる方、ぜひご一報ください。各空港からの交通手段、村での宿の予約等サポートしております。

不慣れなところからスタートした、アイルランド現地で行われるブラックバードミュージック主催のミュージックキャンプ。
日本でアイルランド音楽を学ぶ人々に向けた珍しい試みとして、アイルランド国内でもメディアに複数取り上げていただいております。今年は更に、来年はもっと、フィークルキャンプが知られるようになっていけばいいなと願っています。
皆さまのご参加を、心よりお待ちしております!

望月えりか


ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

Feakle Camp セッション編の新しいビデオが完成です

2016.10.21 22:57|Feakle Irish Music Camp
先月YouTube上に作成しました「Feakle Irish Music Camp セットダンス編」に続きまして、このたび新たに今後のフィークルキャンプを見据えた動画をアップしましたので発表させてください。



3分ほどにまとめた今回のビデオは「セッション編」。
フィークルキャンプでは、連夜異なる地元のパブにてセッションを企画、皆さまにお楽しみいただいています。こちらのビデオはそんなパブの一つであるブラックスティックスバーにて、今年の8月に録画したものから作成しました。

キャンプに参加される日本からの皆さんのほかにも、この地域で音楽にたずさわる友人知人らに声をかけ、普段着のアイルランドの農村におけるパブセッションの雰囲気を感じていただける場をご提供しています。

ブラックバードミュージックのウェブサイト上でも、来年のフィークルキャンプの告知がスタートしています。こちらも合わせてぜひご覧いただきまして、2017年の参加をぜひご検討ください!
Feakle Irish Music Camp 2017(ウェブページ)

フェイスブックにアカウントをお持ちの方はイベントページも用意しております。
Feakle Irish Music Camp 2017 (フェイスブックページ)

キャンプへの参加申し込み/お問い合わせも随時受け付けております。どうぞお気軽に私望月(info※bbird-music.com←※印を@に変更して送信してください)までご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします!!!


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽