FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

歌うことと奏でること

2016.12.14 21:00|アイルランドの歌
今年の秋に、縁あって日本からのお客さまのために歌のプライベートレッスンをアレンジ、ご案内する機会がありました。
えりかさんの地域の方で、伝統的な歌を教えてくださる方がいらしたらというご希望に沿って実現したレッスン。歌のレッスンをご案内&通訳というお仕事は私にとっても初めての経験でした。

アイルランドにはアマチュア、プロを問わず実に多くの歌い手たちがいます。
アイルランドに古くから残る歌をはじめ、英語で歌われるラブソングや故郷を思う名歌の数々、みんなで楽しく合唱する類のいわゆるパブソングまで、実に豊かなカルチャーが広がっています。

今回のレッスンでは東クレア出身の女性の歌い手にお願いし、英語の歌、アイルランド語の歌をそれぞれ1曲ずつ教えていただきました。
その中で、伝統音楽を学ぶ際と同じテーマを話されていたのが大変印象に残りました。

アイルランドの伝統的な歌い方の特徴とは何か、という話になった時のことです。
「これは歌う時のアプローチでもあると同時に、結果的にもそういうことなのだと思うのですが」という前置きに続いて、「アイルランドの伝統的な歌い方は、歌っているのはあなたではないということなのです」と講師の女性は言います。

「歌っているのは歌なんです。歌い手はその歌を歌わせられている、いわば道具なのです。だから大事なのはあなたではない。歌の内容、歌の美しさが大事なのであって、聴く人たちもそれを聴いているのです。ポピュラーミュージックージックなど異なるジャンルでは歌手が『私よ!私を見て!』というパフォーマンス型の歌い方になり、実際にオーディエンスもその歌手を聴くためにやってきますが、アイルランドの歌は違う。それがアイルランドの伝統的な歌い方の大きな特徴だと思います」

歌うことと奏でること

「アイルランドにおける優れた歌い手というのは、歌の中にあるストーリーや歌の持つ美しさを豊かに表現できる人のことを言います。一見ひどく地味で、ダイナミックな表現がないように勘違いされるアイルランドの歌の世界は、自分、そして自分の感情をいかに殺すか、無の存在に近づけるかということでもあるのです」

そんなお話を伺いながら、私は数年前に受けたフィドルのワークショップのことを思い出していました。

「The tune is always better than your playing.(あなたが弾いている曲は、あなたの演奏よりも常に優れている)」

「メロディーを理解する、表現する」という記事にも書きましたが、アイルランドの伝統音楽を演奏する際にも「大切なのは曲。あなたにどれだけのスキルがあるかを見せる演奏ではいけない」というアプローチを説く音楽家が多くおり、共感します。今回はアイルランドの歌の世界においてもまた、同じアプローチ法が語られる場に居合わせ、面白いなと思いました。

もう一つの共通点は「聴くことは学ぶこと」ということ。
レッスンの終わりに「ぜひCDを買って聴いてくださいね」というおすすめのシンガーたちの名前をずらりとリストアップしてくれた講師の女性。
「優れた歌い手たちを聴き込むことが大事です。彼ら(彼女ら)の歌を何度も聴いているうちにいろいろな発見があるはずです」
「現代の人もいいけれど、一世代昔の素晴らしい歌い手たちの音源をぜひ勉強してみてください。彼らが現代のすべての歌い手たちのルーツなのですから」

この「とにかく聴き込むこと」というアドバイスも、伝統音楽を学ぶ場とまったく同じですね。
自分の耳で聴いているものが自分の歌(音楽)の糧になる。ごく自然な学びの術のように思います。

アイルランドにおいて、歌うことと楽器を奏でることにはほかにいくつもの共通点があります。歌と音楽は切っても切れない関係なのです。
歌をうたわない私にとっても、わずか1時間を通訳させていただく中で多くを学んだ歌のレッスンでした。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

ハミングができるようになるまで

2016.02.26 09:50|アイルランドの歌
8月に私たちが開催しているフィークル村におけるミュージックキャンプのワークショップでは、課題曲を歌って学ぶ場面がよく見られます。
「ラリララーでもいいしディルリルーでも何でもいいから、声に出して曲をひたすら歌いましょう!」

この「課題曲を歌って習う」という手法は、アイルランドにおいてどの楽器のクラスでも頻繁に実践されているようです。
しかしその目的は、何度も繰り返し歌うことで曲のメロディーを頭にたたき込むという単純なものだけではありません。
講師と一緒に実際に歌うことで、その曲の全体的な流れ、旋律やアクセント、抑揚などを感じ、つかんでもらうことができます。

1st day Workshop (24)
(キーボードを使って伴奏するフィドルワークショップのアイリーン・オブライエン 2015年フィークルキャンプより)

「歌う」と書きましたが、実際には「ハミングする」、更にはアイルランド音楽でおなじみの「リルティング」に近いもののようです。
このリルティングというものはまたそれだけで面白いトピックとなりますので今回は割愛しますが、メロディーをただなぞるだけでなく、曲の抑揚そのものを自分のものにしていく作業なのではと思います。

楽器だけが巧みに演奏できて曲を口ずさむことはできないミュージシャンはいない、とも言えます。

「体にしみ込む音楽のリズム、頭に流れる旋律がまず自分の中にある。それを、楽器を通して表現するのが音楽である。それは、楽器だけを一生懸命練習しても得ることはできない」ということでしょうか。

以前、アイルランド人のミュージシャンからこんな話を聞いたことがあります。
外国人の話し相手が「この曲を知っていますか?」と質問し口ずさみ始めました。その時、アイルランド人の彼は外国人の歌い方に大変なショックを受けたのだと言います。
「ジグなのかリールなのか、それすらも分からなかった」
彼が言うには、そのリルティングがあまりにのっぺりとしたもので、すべての音が均一なおたまじゃくしのようだったのだそう。
「抑揚」というものがあまりにも無視された状態の時、アイルランドの音楽は精彩を失います。

楽器を手に取る前に。
ハミングができるようになるまでが、長い旅なのかもしれません。


望月えりか

フィークルキャンプの詳細はこちらです↓
Feakle Irish Music Camp 2016 ―アイルランド音楽を現地で学びませんか?―
2016年8月9日(火)~12日(金)日本全国より参加者を募集中です!


ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

ダニーボーイ(Danny Boy) 後編 アイルランドにおけるダニーボーイ

2013.11.22 20:55|アイルランドの歌
愛する者(ダニー)を思う気持ちを切実に歌い上げた名曲「ダニーボーイ」。

「ダニーボーイ 前編」では、この歌の誕生と変遷を見ていきました。

後編の今日は、アメリカを中心に大ヒットしたこの歌が、母国アイルランドでどのように受け止められていったかを書いていきたいと思います。

暗殺されたアメリカのケネディ大統領の葬儀で演奏されたのは、このダニーボーイでした。ケネディ大統領は初のアイルランド系アメリカ人の大統領です。

ダニーボーイ2
[JFKことジョン・F・ケネディー大統領の葬儀。ここでダニーボーイが演奏された]

その後も、ダニーボーイを葬儀の音楽とするアイルランド系の著名人が次々と現れます。
アイルランド系ではありませんが、エルヴィス・プレスリーやダイアナ妃の葬儀でもダニーボーイが演奏されたことは有名です。
私がテレビで見たダニーボーイの特集番組では、アメリカ同時多発テロ事件(9.11)にも触れていました。この時、自らの命を犠牲にして活動したニューヨーク市の消防士の多くが、アイルランド系アメリカ人であったと言われています。

イングランドの裕福な紳士によって作られた歌詞とはいえ、ダニーボーイの情景はまさにアイルランドを彷彿とさせます。また、なんと言ってもアイルランドの曲(メロディー)であることに間違いはありません。
今日、ダニーボーイはアイルランド人にとって「アイルランドの歌」として認識されていることは確かで、歌詞を乗せたのは実はイングランド人であったことさえ、知らない人が多いようです。

しかしながら、アイルランドの歌手や音楽家といった人々にとっては、このダニーボーイという歌(または曲)がやや皮肉を持って語られていることも事実です。

今年の7月にギター奏者のデイヴ・フリンが来日する際、彼にこんな相談をされたことがあります。
「日本でのコンサートでは、僕のアレンジした『さくらさくら』を是非演奏したいと思う。でもこの曲、日本人にとってはあまりにこてこてすぎるだろうか?僕たちアイルランド人がダニーボーイを演奏されて、うんざりするのと同じ感覚だろうか?」

デイヴに限らず、ダニーボーイはあまりにも一般大衆向けの歌(曲)であり、それ故このように敬遠される節があるのです。
あまりに大衆化された歌であるため、外国人などが張り切ってダニーボーイを歌ったりすると、当のアイルランド人は「またか・・・」とうんざりしてしまう。そんな危うさを持つ存在の歌です。

一流の歌い手がダニーボーイを歌い出すことはほぼないだろうと思われますし、伝統音楽や歌のアルバムにわざわざダニーボーイを収録するということもありません。
ダニーボーイを真剣に歌うのは、音楽を知らない素人か外国人、それに外国人向けにビジネスをするミュージシャンだけ、といったところでしょうか。

ダニーボーイの特集番組の中でも「アイルランド人なら誰もが、酔っぱらうとダニーボーイを歌い出す叔父が一人や二人はいるものだ」、「酔っ払いがダニーボーイを歌い始めたらパブの閉店時間が近いということ」など、いかにダニーボーイが着古された歌に成り下がっているかが皮肉られていました。

そんな厄介な立場に置かれたダニーボーイ。
しかし一方で、ここまで世界的に知られたアイルランドの歌も他にありません。
また、音楽的に優れた作品であることには変わりなく、そういう意味では余計なレッテルを張られて迷惑千万、といったところなのかもしれません。

パット・オコナーとオーイン・オサリヴァンが来日した際にも、2つのコンサートでお客さまからダニーボーイをリクエストされたそうです。
パット自身はダニーボーイの受け取られ方は十分理解しつつも、「いくらありきたりの曲とは言え、美しいメロディーの曲であることには変わらないから」ということで、喜んでリクエストに答えたそうです。

さて、アメリカで大流行したダニーボーイを、アイルランド人たちの心に改めて深く刻んだのは、あるボクサーでした。

ダニーボーイ3

バリー・マッグイーガン(Barry McGuigan)はカトリック教徒のアイルランド人ですが、北アイルランドとのボーダーに接するモナハン州で生まれ育ちました。時は1980年代。北アイルランドではプロテスタントとカトリック間の緊張が増し、多くのテロ事件が勃発していました。そんな環境の中に育ったマッグイーガンは、自らのタイトルをかけた決勝の際「アイルランドの国家もイングランドの国家も歌いたくなかった」と言います。

では何の歌がいいだろう。宗教を問わず、アイルランド人皆が愛国心を分かち合える歌。
その時彼が選んだ歌が、ダニーボーイだったのです。

決勝には多くの北アイルランドのサポーターたちがいましたが、会場全体が大合唱になったといいます。
歌の持つパワー。政治や宗教の問題を越えて人々をつなぐ力が、ダニーボーイに結晶したのでした。

今年、2013年はダニーボーイ生誕100周年の年です。私が見たテレビ番組もこれを記念して制作されたものでしたし、オリジナルの曲の地であるデリーでは、さまざまなイベントが行われたそうです。
アイルランド人にとって、ダニーボーイはまさしく「自分たちの歌」です。これからも永遠のスタンダードとして、世界中の人々に愛され続けていくことでしょう。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 アイルランド・ケルト
FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

ダニーボーイ(Danny Boy) 前編 歌の誕生と変遷

2013.11.18 21:50|アイルランドの歌
アイルランドの音楽、もしくは歌、と聞いて、皆さんが一番に思いつくものは何でしょうか?

アイルランド音楽は知らなくとも、「ダニーボーイ(Danny Boy)」という歌ならよく知っている、という方は日本にも大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

先日テレビを見ていたら、RTE(「アイルランド放送協会」と訳されるそうです)でダニーボーイの特集番組が放映されていました。

ダニーボーイという歌が、そもそもどのように作られ、世に出ていき、時代の変遷の中でさまざまな社会に受け入れられていったかを描いており、非常に面白い内容の番組でした。

ダニーボーイは定番の歌であるが故に、意外に知られていない側面も多いようです。
せっかくの機会ですので、今日はこの世界的に有名なアイルランドの歌、「ダニーボーイ」の成り立ちを記事にして書いてみたいと思います。
この歌にまつわる話は細部にいたるまで実に興味深い内容ですが、本が一冊かけるほど長くなりそうなのでここでは割愛させていただきます。

ダニーボーイのメロディーは作者不詳のエアーですが、アイルランドの曲です。
1851年、音楽収集家のジェイン・ロス(Jane Ross)によってはじめて記録されたと言われています。彼女がこの曲を収集したのはデリー州のとある町で、盲目のフィドル奏者が弾いていたのを書き留めた、ということです。
もともとの曲名はありませんでしたが、とある曲集に入り出版されたのちに「Londonderry Air」という名前で広まりました
デリー(Derry)は北アイルランドにある州の名であり、州都である都市の名前ですが、イングランド人たち、つまりプロテスタント系の人々にはロンドンデリー(Londonderry)と呼ばれています。これはイングランドによる支配によって生まれた呼び名なので、アイルランド人(=カトリック系)は使いません。アイルランド北部で、ある観光客が「これからロンドンデリーに行く予定です」と地元の人に話したところ、「ロンドンデリーではなく、デリーですよ」と諭された、という話もあります。
日本では「ロンドンデリーの歌」という題で、小学校の音楽の教科書に歌が載っていた記憶があります。

この曲には複数の歌詞が存在しますが、最も有名なのがダニーボーイです。
ダニーボーイの作詞をしたのは、イギリス人のフレッド・ウェザリー(Fred E Weatherly)でした。1913年のことです。つまり、この歌の内容を吹き込んだのはアイルランド人ではなかったのです。

ダニーボーイ
[弁護士、作家、作詞家などとして幅広く活躍したウェザリーは、とても裕福な人物であった]

ウェザリーの曲集が出版され、人気者のオペラ歌手がダニーボーイを歌うと、人々は瞬く間にこの歌のとりこになりました。
時は第一次世界大戦。兵士たちはこの歌を「故郷を離れ、戦に向かう自分たちへの哀歌」として、自らの運命と重ね合わせたのです。多くの兵士を送り込んだアイルランドの人々にとっては、自分たちの国の曲であるという意味でその思いは格別でした。

ダニーボーイは、やがて多くのアイルランド移民たちと共に大西洋を渡り、アメリカへ上陸します。
現在のダニーボーイの不動の人気は、アメリカで培われたものと言っても過言ではありません。

アイルランドの歌として広まったダニーボーイは、オペラ歌手にはじまり、やがてはあらゆるジャンルの歌手たちによって歌われるようになりました。
R&Bやブルースなど、アフリカ系住民の間でも広く受け入れられたのは興味深いところです。

ハリー・ベラフォンテ(Harry Belafonte)、ジャッキー・ウィルソン(Jackie Wilson)、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)、ジョニー・キャッシュ(Johnny Cash)といった異なるジャンルの超大物歌手たちが、次々にオリジナルのダニーボーイを歌っては大ヒットを記録しました。

このように、ダニーボーイはアイルランドのエアーとして発表されたのち、歌となり、娯楽大陸アメリカに渡ってからは、あらゆるジャンルの音楽にもアレンジの可能なスタンダードの歌として、広く世界中に知れ渡ったのです。

次回の「ダニーボーイ その2」では、アイルランド人にとってのダニーボーイを読み解いていきます。お楽しみに。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 アイルランド・ケルト
FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽