08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

受け継がれるジャーマンコンサーティーナ

2015.11.19 20:36|コンサーティーナ
エニスにあるミュージックショップ「カスティーズ」には、実に多くの人々が訪れます。地元の人々はもちろんのこと、観光客やディーラー、ミュージシャンや歌い手たちが自らのCDを持参したり、店のスタッフとおしゃべりをするのに立ち寄ることも多いのです。

先日、とある地元の人らしき女性が大きなショッピングバッグに何やら入れて店にやって来ました。

「これ、この前電話で話した例の楽器なんだけど」

ということで、出てきたのがこちら。

ジャーマンコンサーティーナ

コンサーティーナです。
が、通常のものとは少し違う、ドイツ式のコンサーティーナ(ジャーマンコンサーティーナ)です。

アイルランド音楽におけるコンサーティーナの歴史を語りはじめると長くなるので今回は割愛しますが、大ざっぱにお話しますとこのジャーマンコンサーティーナは左右それぞれ10個のボタンしかない、つまり20キーのタイプの楽器です。

19世紀中頃から生産が盛んになり、アイルランドでも1970~80年代まで使われていました。
安上がりで入手しやすかったこともあり、コンサーティーナ奏者の古い白黒写真などを見ているとよく登場します。
30キー、またはそれ以上ある今日のアイルランド音楽シーンで一般的なコンサーティーナに比べ、一回りも二回りも大きなサイズのものが多かったようです。

アングロジャーマンコンサーティーナ2
[ジャーマンコンサーティーナを演奏するラウス州出身のメアリー・アン・キャロラン 1977年]

カスティーズに楽器を持ち込んだ女性は音楽のことには疎いようで「修理に出した方がいいのか、そもそもどれくらいの価値がある楽器なのかしら」とのこと。

「今は2列式でなく3列式が普通で、このスタイルのコンサーティーナはほとんど使われてないんですよ」とのパットの説明に納得した女性、「そうなのね、でもいろいろ教えてもらえてよかったわ。もう家族の中で弾く人はいないけど、私の祖母の世代からずっと家にある楽器だから、母も気になっててね。そういうことなら家で大事に保管しようと思う」とのことでした。

「そうですね、例え楽器としては使えなくても家族にとって歴史のあるものだから、捨てたりはしないで」

今回はコンサーティーナでしたが、アイルランドに暮らしているとその家に代々受け継がれている楽器を目にする機会があります。
特別な家柄でなくとも、ごく普通の一般家庭に眠っているフィドルやコンサーティーナ。中には一向に日の目を見ない楽器も多いことでしょう。
特に時代遅れとなりつつあるこのジャーマンコンサーティーナは、現役として使われなくなってから久しく、もともと高価なものでもないために修理費だけがかさみます。その結果、いつの間にか忘れられ、朽ち果ててしまうケースが多いようです。

例え価値のない楽器だとしても、ここに暮らす人々の家に昔からある楽器の存在は、アイルランド音楽と人々との深い歴史とつながりを感じさせてくれます。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽