08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

大大成功のフィークルキャンプ!終わりましたレポート

先月8月に開催されたブラックバードミュージック主催「フィークルキャンプ Feakle Irish Music Camp」2017、例年通りではあるのですが、いや、でも今年はさらにパワーアップして大大成功に終わりました!!!!!
チラシの配布にご協力いただいた日本の皆さん、ソーシャルネットワーク等でしつこく告知させていただくたびに根気よくお付き合いくださった皆さん、キャンプの実現にこぎつけることができたのも、そんな日々の励みによるものです。ありがとうございました!
(フィークルキャンプの動画や写真はブラックバードミュージックフェイスブックページにアップしています)

4年目を迎えた今年のフィークルキャンプ、毎回のことですが参加者の皆さんが主役のイベントなのだなあと感じます。年を重ねるごとに、またメンバーが変わるたびに違う表情の見えるキャンプで、進行役の私たちも夢のような数日間を過ごすことができました。はるばるここフィークルまでお越しいただききました参加者の皆さんに、心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。本当にありがとう!!

個性豊かで熱心で、心遣いのある素敵な参加者さんが勢ぞろいしたフィークルキャンプ。皆さん、なんていい顔をしているんでしょう!この笑顔は本物!

DSCF8393.jpg

京都、新潟、福岡、静岡、群馬、東京。日本全国各地からいらした皆さん、はたまたアイルランドに短期滞在されている皆さんは、初対面であったり練習会の顔なじみであったり、はたまたツイッターつながりであったりしたそうです。

DSCF8292.jpg

キャンプが終わる頃にはすっかり打ち解けて、連絡先を教え合ったりする光景が毎年のことながら見られました。
フィークルキャンプという体験、時間と場所を共有してしまったら、その先にあるのはフレンドシップなのだなあと思います。

DSCF8535.jpg

今年はその場の思いつきで、最後の晩餐の席で皆さん一人一人にキャンプや音楽への思いを口にしていただきました。
負担にならないようにと「手短で結構ですので」と言ったつもりだったのに、皆さんのほとばしる言葉の熱いこと!これには主催者の私もびっくりでした。

休暇を取って、航空券を取って、せっかくはるばる日本からいらっしゃるアイルランド音楽に熱心な皆さん。
この国の風景や人、音楽から切り離された来客としてでなく、等身大のアイルランドの人々と等身大のアイルランド音楽が横たわるもう一歩踏み込んだ場所。

現地の他のどんなフェスティバルとも違う、サマースクールとも違う、もっと内向的でもっと個人的なもの。
そうか、ここの国の人たちはこうやってこの音楽を奏でてきたんだなあ。こうして培われた音楽が、自分はずっと好きだったんだなあ、ということが五感で分かる体験。アイルランドに毎年足を運んでも実現しなかったりする、生の体験。

DSCF8318.jpg

動画では絶対に分からない、この国のセッションの、良質のセッションの、底知れないダイナミクスとグルーヴ。

DSCF8376.jpg

個人の方にはとても提供できない数々のエッセンスを、フィークルキャンプというグループの皆さんには味わっていただくことができます。
グループだから、思ったこと、感じたことをその場で共有し、お互い感化し合えます。
そしてグループのメンバーは毎年変わるから、毎年違った体験になります。自分の音楽への志向やかかわり方も日々変わっているから、毎年行っても毎年見えるものが違います。参加者さんのお一人曰く「毎年行っても、まだまだ教えてほしいことがある」。

DSCF8573.jpg

この写真からは感じることのできない、雨に濡れた道の感触やロックナーンズのビリー&リズ夫妻の人柄、朝食の香り、講師たちが奏でる音のトーン、鳥のさえずりと木々を揺らす風の音。

また来年、フィークルキャンプでお会いしましょう。


望月えりか Erika Moc O'C@Twitter

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

フィークルキャンプ、無事に終了しました!!

先週、おかげさまでブラックバードミュージック主催のFeakle Irish Music Camp 2016が無事に終了いたしました!!
このイベントの開催に際しお世話になった日本の皆さん、イベントの進行に協力してくれた在アイルランドの友人たち、そして日本からはるばるご参加くださった皆さん、本当にどうもありがとうございました!!!

毎年感じ入ることですが、フィークルキャンプは参加者の皆さんが主役です。
そうした意味では毎回同じことの繰り返しには絶対にならない、表情豊かなイベントを進行役の私たちも体感することができました。

フィークルキャンプ2016
[参加者の皆さんと 2016]

アイルランド音楽を演奏し始めて15年以上になる方、まだ楽器は決めておらずこれからアイルランド音楽をはじめたいと思っている方まで、今年も実にさまざまな参加者の皆さんにお会いしました。
フィークルキャンプでは敢えて参加対象のレベルを問いません。
思い思いのアイルランド音楽とのかかわり方をしておられる皆さんに、それぞれの視点からこの国に今も生きる等身大の音楽を感じてもらえたら、と考えています。

フィークルキャンプ2016 (2)
[参加者向けのハウスコンサートにて、地元の歌い手に耳を傾ける]

ただ今、参加者の皆さんからのご感想をいただいているところです。次回の記事では皆さんの声を中心に改めてフィークルキャンプ2016を振り返ってみたいと思いますが、ここで今年の参加者のお一人のお話をご紹介させていただきたいと思います。

アイルランド音楽に出合ってから、長年の歳月をかけて日本でこの音楽を学んできました。でも、自分の奏でるアイルランド音楽がどうしてもしっくりいかない。本当は、こんな音色ではないんじゃないかという気がする。アイルランドを訪れ、現地のサマースクールに参加しても、やはりピントは合わないまま。
そのピントが初めて合ったのが、去年のフィークルキャンプでした。
手探り状態が続いていたアイルランド音楽への疑問や漠然としたイメージに対し、やっと答えをくれたのがフィークルキャンプでした。
参加するたびに、新たな発見がある。
こんなに貴重で贅沢な学びの場を体験できる機会は他にないです。ありがとうございます。


こんな風に感じていただける参加者の方が一人でもいるだけで、私たちは企画をして本当によかったという思いで胸がいっぱいになります。

フィークルキャンプ2016 (3)
[ドライブ中に訪れた美しいグレイニー湖]

キャンプ終了後、スタッフで反省会を兼ねた来年の打ち合わせをしました。
来年のフィークルキャンプは2017年8月15日(火)~18日(金)です。
参加申し込み、お問い合わせは随時承っています!2017年も皆さんにフィークル村でお会いできますこと、キャンプスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いいたします!

フィークルキャンプ2016 (4)
[村のパブにて、地元の人々に混じり音楽とダンス、歌を深夜まで楽しみました]


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

フィークルキャンプ2015を終えて

今年で第二回目を迎えたブラックバードミュージック主催の「Feakle Irish Music Camp(フィークルアイリッシュミュージックキャンプ)」は、前年に続き想像を上回る大変充実したイベントとなりました・・!!!

ここフィークルで企画を作っていった私にとっては会場やミュージシャンたちとのやり取り、アクティビティー時の車の準備からハウスコンサートの食事のメニューといった細かいところまで、最後までダブルチェックをする作業の連続でした。キャンプの始まる前日までの企画者/進行者としての責任とプレッシャーは、2回目の開催とは言え前回と変わらぬものでした。

私たちのフィークルキャンプの直前には、毎回フィークルフェスティバルが開催されます。フィークルフェスティバルには、毎年世界各地からアイルランド音楽の愛好家たちがこの小さな村に集い伝統音楽の祭典を祝うわけですが、今回はキャンプの参加者の多くの方がフィークルフェスティバルの期間中にフィークル入りをしておられました。
この二つのイベントは、ほとんど間髪入れずに開催されますので、毎年このような滞在スタイルでフィークルキャンプに参加される方が多いのではないでしょうか。

2nd day Workshop (34)
[フィークルキャンプの主な会場となるロックナーンズ]

フィークル村のメインストリートが車と人でごった返していたのは昨日まで、一旦元の静かな村の様子に戻ったところで、私たちのキャンプがスタートしました。

1日目の夕方に、皆さんの宿泊先となるロックナーンズのレストランを借りてフィークルキャンプのオープニングを行いました。
7時から始まるこのオープニングに合わせて皆さんには集合していただき、ディナーを囲みながら私たちキャンプ進行チームと参加者の皆さん同士の初顔合わせをしました。
今年は偶然にも全員が女性。単身でいらした方も複数おられました。ホームメイドのソーダブレッドや自宅の畑でとれた新鮮なサラダ、ヴェジタリアンのキッシュなど、旅行中の皆さんの体調に少しでもやさしいメニューでおもてなしをさせていただきました。

Opening (14)

フィークルキャンプは、午前中の3時間をフィドル、フルート、コンサーティーナという楽器別のワークショップにしっかり充てています。クラスにつき一人の現地在住の日本人通訳者がおり、私自身はフィドルの通訳を担当しています。ワークショップはすべて少人数制。個人指導も交えながら、言葉の壁を感じることなく意思疎通のある密接なレッスンをご提供できたのではと思います。

3rd day Workshop (11)
[3日目のコンサーティーナ講師、クレア・ケヴィル(Claire Keville)のワークショップより]

各自ランチを済ませた午後には、日によって内容の異なるアクティビティーをご用意しました。
楽器を習うことも大事ですが、それだけではアイルランド音楽の全容を掴むきっかけには至りません。
アイルランド音楽を形作るダンスを実際に体験したり、自然の中をゆっくり散策することで数あるリールやジグの曲がこの国の自然や風土と深くかかわっていることを、五感で学んでいただく。
この音楽や歌が、この土地の人々の日常に存在する有り様を、空気の中に感じ取っていただける機会を作るということも、フィークルキャンプの大きな目的の一つです。

連夜ご案内するパブでのセッションも、もちろん現地の音楽を体感する絶好の機会でもあるわけですが、やはり音楽のある場所やそこに集う地元の人々の輪に入ることで、この音楽の在り方を直接体感していただけるのではないかという思いがあります。

フィークルキャンプ2015 (1)
[キャンプを締めくくった、アコーディオン奏者ジョン・カニー&タラケーリーバンドのリーダー、マーク・ドネラン(フィドル)によるセッション]

今、少しずつ参加者の皆さんからキャンプのフィードバックをいただいています。
4日間の濃密な時間を共にした皆さんですから、キャンプの感想も内容が非常に濃く、思わず唸ってしまうような見事なものまであり驚きます。後日「参加者の声」としてまとめ、ご報告をさせていただきたいと思います。

今回は前年に続くリピーターの参加者が二人おられましたが、そのお一人から「メンバーが違うと、ここまで内容も変化してくるのですね」という感想をいただきました。
企画者の私たちよりも、まさに参加者の皆さん一人一人が作り上げてくれたキャンプの証拠です。

フィークルキャンプ2015 (2)

これは去年にもあった風景ですが、キャンプの初日に初対面だった皆さんが、最後の晩餐(!)では和気あいあいと何とも気兼ねなくおしゃべりをしています。今年も日本全国各地からご参加いただきましたが、同じアイルランド音楽を志す日本人同士、私たち進行役のいない場面でもさまざまな交流があったのではないでしょうか。
ここから皆さんの輪が広がってくれれば、もし日本のアイルランド音楽の新たなムーヴメントが静かに始まってくれたら、私たちにとってこれ以上の幸せはありません。

Sessions (30)
[フィークルキャンプ、最後の晩餐はペパーズにて]

今年も大変多くの皆さんにお世話になりました。会場を快く貸してくれたパブのオーナーたち、ロックナーンズ。
「すごくいい企画だと思うよ、頑張ってね」というメッセージと共に、ワークショップ講師やセッション、コンサートでその才を発揮してくれた地元の音楽家たち。また、日本国内ではキャンプのチラシ配布に協力してくれたアイルランド音楽仲間の皆さん。
そして、主役となった参加者の皆さん。皆さんのお申し込みなくして、このキャンプは実現していません。
この場を借りまして、心よりお礼申し上げます。本当にどうもありがとうございました。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)">ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)">ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

Feakle Irish Music Camp 2014、ワークショップ2日目

今年の夏に開催を企画しています、フィークルキャンプ2015の講師陣は去年とほぼ同じ顔ぶれで日本の皆さんをお迎えする用意ができました。

去年のキャンプのレポート記事を小分けにして書いていますが、今回は遅ればせながらワークショップ2日目の様子をご紹介したいと思います。8月のキャンプ申し込みをご検討中の皆さん、ぜひご参考になさってください。

また、これまでにアップしたフィークルキャンプのレポート記事は以下の通りです。こちらもぜひご再読ください。

①大成功のFeakle Irish Music Camp 2014、第一回目レポート!
②Feakle Irish Music Camp 2014、ワークショップ1日目
③Irish Music Camp 2014、セットダンス体験クラスとウォーキング


まずは、メアリー・マクナマラ(Mary MacNamara)が担当したコンサーティーナのクラスから見ていきましょう。
隣町に住むメアリーには、コンサーティーナのワークショップを2日間お願いしました。両日合わせて6時間をメアリーと過ごした受講者の皆さん、言葉にできないほどの収穫があったようです。

フィークルキャンプ2014 2日目 (7)

”メアリー先生のワークショップはすばらしかったの一言です。”(受講者の声)

教えることにかけてはエキスパートであるメアリー。そのレッスンのクオリティーの高さは、日本語の通訳を通すことで受講者の皆さんにもお届けすることができました。

”音楽や楽器のことを熟知している通訳者もすばらしかったです。よりよい理解の助けになりました。”

”楽器の持ち方から始まり、1フレーズずつ繰り返しながら、やがては装飾など難しいことも積み上げていく。学習者が理解しやすい手順を踏んで、解説プラス実演。それを間近で体験できる贅沢さ。”(受講者の声)

ワークショップが終わってからの、放心状態の皆さんの顔が忘れられません。

フルートの2日目の講師は、フルートのメッカであるロスコモン出身のジョン・ケリー(John Kelly)でした。
ジョンもまた、クレアを中心に長年フルートを教えている豊かな経験の持ち主です。

フィークルキャンプ2014 2日目 (2)

”クラスを3つのレベルにわけ、テレビのチャンネルを切り替えるように、レベルに合わせた講義をしたジョン・ケリー。これは教えなれていないと出来ない芸当だと思った。”(受講者の声)

ワークショップが終わる頃には、「聖徳太子」というニックネームをもらっていたジョンでした。

長年クレア州のエニスに住むジョンですが、彼のフルート演奏を聴くと多くの人が「ロスコモンのミュージシャン」であることを認識するようです。生まれ育ったこの地で培った彼の演奏スタイルは、拠点が変わってもしっかり息づいているということでしょう。

”(前日の)ジェニファーとは対照的にパワフルな演奏。”(受講者の声)

フルートのワークショップでは、3日間日替わりで3名の講師たちから教えを受けました。このように、まったく異なる演奏スタイルの講師たちを迎えることで、アイルランド音楽の幅の広さを生で体感していただけたのではと思います。

”3人とも個性があって時には逆のことを言う場面もあり、3人に共通する点もあったりして面白かった。人によって言うことが違うのはあたりまえなんだ、ということを受け入れることができた。”(受講者の声)

皆さんの宿となったロックナーンズのフロントルームでは、フィドルのワークショップが行われていました。2日目はおなじみのパット・オコナー(Pat O'Connor)です。

日本で既に教えを受けたことのある受講者の方もいらっしゃり、クラスは終始和やかでフレンドリーな雰囲気の中、進行しました。

フィークルキャンプ2014 2日目 (1)

日本をたびたび訪れているパットは、さすがに他の講師たちと違い日本の皆さんを教え慣れている感がありました。
会場の部屋は、昔は村の中心で営業をしていた小売店です。今でもカウンターの奥には当時の秤や瓶、缶に入ったアンティークの商品が美しく陳列されています。大きな窓から入る日差しを受けながら、ここにパットの優しいフィドルの音色が響きました。

ワークショップではいくつかの課題曲が出ましたが、いずれもテクニックを教え込むのではなく何度も丁寧に弾きこんでいくパット。パットと一緒に弾くことで、受講者の皆さん一人一人が各々のフィーリングを発見していく様子を、日本語通訳者として見ることができました。

フィークルキャンプ2015が開催されるには、4月15日までに10名の参加申し込みが必要です。皆さんからのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしています。私のほうまでお気軽にご連絡ください。
望月 info*bbird-music.com (*印を@に変更してご送信ください)

キャンプの詳細は、ブラックバードミュージックのウェブサイトに掲載されています。
Feakle Irish Music Camp 2015の詳細


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

フィークルキャンプに参加しよう!~Feakle Camp 2014の参加者の声

先日、こちらのブログでご案内をさせていただいた今年の夏の企画「Feakle Irish Music Camp 2015」。

去年のフィークルキャンプのレポートがまだ終わらないうちに10月の来日ツアーのイベントが始まってしまったので、またこちらの方も合わせて近日中に記事を引き続き書いていきたいと思っています。

本日は、第一回目のキャンプに参加された皆さんからお寄せいただいた数々の声を、まとめてご紹介させていただきます。
今年の8月、ブラックバードミュージック主催のフィークルキャンプへの申し込みをご検討の皆さん。ぜひ参考になさってください。

フィークルキャンプ2014 (7)
[セッションワークショップ後、参加者の皆さんと記念撮影をしました。ロックナーンズの裏庭にて]

「フィークルキャンプでは夢のように心地よい時間を過ごすことができました」

「本当に手作りの温かいキャンプで、他の参加者の皆様とも和気藹々と仲良くなれてとても楽しかったです」


ロックナーンズホステル10
[参加者の皆さんの宿となった、フィークルの中心に位置するロックナーンズ]

「私達の為に色々と考えて下さり、そのお陰で充実した時間を過ごす事が出来ました。コンサートの最中、時間と空間の感覚が無くなり、「一体いつからこの場所にいるんだろう、、、」という何ともいえない心地よい気持ちになりました。
命のお洗濯をさせてもらえたミュージックキャンプでした」


フィークルキャンプ2014 2日目 (6)
[地元の音楽家たちの演奏に熱心に耳を傾ける参加者の皆さん]

「行く前までは、皆さんと打ち解けられるかしら?授業について行けるかしら?などと不安な気持ちで一杯でした。ところが実際行ってみると、そんな不安はどこへやら。一気に吹き飛んでしまいキャンプが楽しくて、とても充実した4日間でした。本当に価値のあるキャンプでした」

「えりかさんをはじめ、(在アイルランドの)日本人女性の存在がとても有り難かったです。特に、ワークショップの日本語通訳!楽器を演奏出来る方が通訳して下さるので、理解し易かったです」


フィークルキャンプ2014 2日目 (3)
[アイルランドの田舎の自然の中を歩きました。一見音楽とは関係のないこうした経験が、アイルランド音楽を理解する目を養ってくれます]

「どのイベントに限らず、ワークショップもセッションもコンサートもウォーキングも、そこに集う現地の方々との交流や、パブや自然といった環境を楽しむことができてとてもよかったです。
わたし自身があまり積極的にたずねようとしなくても、自然に静かに(音楽がにぎやかでも!)押し付けることなくいろいろな大切なことや大事にしていることを伝えようとしてくださっている。そういった人、音楽、自然を感じることのできるキャンプでした」


フィークルキャンプ2014セッション (1)
[伝統音楽のメッカ、全国的にも知られるフィークルのパブ、ペパーズにて開かれたセッション。豪華メンバーが揃い、魔法がかかったかのような素晴らしい音楽でした]

4日間、貴重な体験をたくさんさせていただき有難うございました。
今回の企画を通じてパブでの音楽シーンはもちろん、街や自然の風景、フィークル及びクレアの村人の生活に僅かながら触れることができたことは 自分にとり大変有意義なことでした。


フィークルキャンプ2014 2日目 (4)
[ハウスコンサートでのヘレン・ヘイズの歌には思わず涙する人も]

フィークルキャンプ2014 2日目 (5)
[アイルランド音楽の次世代の担い手、マクナマラ姉弟による素晴らしいパフォーマンスを楽しみました]

「妥協のない、出し惜しみしない内容でとても勉強になりました。「どうせ日本人だしわからないよね。」「初心者だしこれはいいかな。」というのを感じることがなく、全部伝えて吸収して帰ってもらおう!という熱意をどの講師の方からも感じ、これだけ真剣に取り組んでいる方達と出会うチャンスを作っていただいたことを感謝しています」

フィークルキャンプ2014 2日目 (1)
[フィドルのワークショップの講師の一人、パット・オコナー。パットとは既に日本で顔なじみの受講者の方もいて、ワークショップは終始和やかな雰囲気に]

「望月さんや講師の方々を始め、たくさんの方々にお世話いただきながら、期間中ずっと楽しく参加することができました。いっぱいありがとうございました!」

「ここまでディープに本場のアイリッシュミュージックに触れられる機会というのはなかなか無いので、大変感謝しております。またこのような機会がありましたらぜひ参加させていただきたいです」


キャンプの詳細及び申し込み方法は、ブラックバードミュージックのウェブサイトに掲載されています。
こちら→Feakle Irish Music Camp 2015 アイルランド音楽を現地で学びませんか?

また、キャンプに関するお問い合わせも随時受け付けております。下記のEメールまでお気軽にご連絡ください。
ブラックバードミュージック:info*bbird-music.com (望月) / daik327*gmail.com(小松)
(いずれも*印を@に変更してご送信ください)


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽