01 | 2018/02 | 03
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

受け継がれるジャーマンコンサーティーナ

2015.11.19 20:36|コンサーティーナ
エニスにあるミュージックショップ「カスティーズ」には、実に多くの人々が訪れます。地元の人々はもちろんのこと、観光客やディーラー、ミュージシャンや歌い手たちが自らのCDを持参したり、店のスタッフとおしゃべりをするのに立ち寄ることも多いのです。

先日、とある地元の人らしき女性が大きなショッピングバッグに何やら入れて店にやって来ました。

「これ、この前電話で話した例の楽器なんだけど」

ということで、出てきたのがこちら。

ジャーマンコンサーティーナ

コンサーティーナです。
が、通常のものとは少し違う、ドイツ式のコンサーティーナ(ジャーマンコンサーティーナ)です。

アイルランド音楽におけるコンサーティーナの歴史を語りはじめると長くなるので今回は割愛しますが、大ざっぱにお話しますとこのジャーマンコンサーティーナは左右それぞれ10個のボタンしかない、つまり20キーのタイプの楽器です。

19世紀中頃から生産が盛んになり、アイルランドでも1970~80年代まで使われていました。
安上がりで入手しやすかったこともあり、コンサーティーナ奏者の古い白黒写真などを見ているとよく登場します。
30キー、またはそれ以上ある今日のアイルランド音楽シーンで一般的なコンサーティーナに比べ、一回りも二回りも大きなサイズのものが多かったようです。

アングロジャーマンコンサーティーナ2
[ジャーマンコンサーティーナを演奏するラウス州出身のメアリー・アン・キャロラン 1977年]

カスティーズに楽器を持ち込んだ女性は音楽のことには疎いようで「修理に出した方がいいのか、そもそもどれくらいの価値がある楽器なのかしら」とのこと。

「今は2列式でなく3列式が普通で、このスタイルのコンサーティーナはほとんど使われてないんですよ」とのパットの説明に納得した女性、「そうなのね、でもいろいろ教えてもらえてよかったわ。もう家族の中で弾く人はいないけど、私の祖母の世代からずっと家にある楽器だから、母も気になっててね。そういうことなら家で大事に保管しようと思う」とのことでした。

「そうですね、例え楽器としては使えなくても家族にとって歴史のあるものだから、捨てたりはしないで」

今回はコンサーティーナでしたが、アイルランドに暮らしているとその家に代々受け継がれている楽器を目にする機会があります。
特別な家柄でなくとも、ごく普通の一般家庭に眠っているフィドルやコンサーティーナ。中には一向に日の目を見ない楽器も多いことでしょう。
特に時代遅れとなりつつあるこのジャーマンコンサーティーナは、現役として使われなくなってから久しく、もともと高価なものでもないために修理費だけがかさみます。その結果、いつの間にか忘れられ、朽ち果ててしまうケースが多いようです。

例え価値のない楽器だとしても、ここに暮らす人々の家に昔からある楽器の存在は、アイルランド音楽と人々との深い歴史とつながりを感じさせてくれます。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

ティンホイッスルは楽器じゃない?

2015.07.12 07:51|ティンホイッスル
クレア州の州都、エニス(Ennis)にあるカスティーズミュージックショップ(Custy's Music Shop)には、実にさまざまな人々がやってきます。
ある日、店にやって来た女性が「楽器を見せてもらってもいいかしら?」と言うので、店内にあるフィドルやフルート、コンサーティーナ、バンジョー、アコーディオンなどのもろもろを簡単に説明してまわったのだそうです。

するとこの女性、「私ね、1年ほど前からティンホイッスルを吹いてるんだけど、そろそろ”楽器”をはじめようと思って。何がいいかしらねえ」との発言。

アイルランドに暮らしていると、よくこのようなアイルランド人に遭遇します。
彼らにとってティンホイッスルは「ちゃんとした楽器」ではないのです。

ティンホイッスル(Tin Whistle)は、多くのアイルランド人が一番最初に手にする楽器です。
まずはティンホイッスルからスタートし、やがて曲のレパートリーができていき、音楽の構成も理解できるようになると、フルートやフィドルといった楽器に移行していくのが一般的です。
そういう意味では、前述の女性はこの王道を行っていると言えます。

また、子どもの頃に音楽をはじめる場合が多いので、「ティンホイッスルは子どもが吹くもの」というイメージもあります。

ティンホイッスルは楽器じゃない?
[必須科目ではありませんが、アイルランドではティンホイッスルを使った伝統音楽のクラスがある小学校もあります]

ティンホイッスルは、ほかの楽器に比べ桁違いに安価であることも、この楽器の評価を低くしているようです。

初心者が手にする楽器。
子どもが吹いている楽器。
安い楽器。

このような理由から、無意識のうちにティンホイッスルをまっとうな楽器として認識していないアイルランド人が多いように思います。

一方では、アイルランド音楽の世界にはホイッスルの名人がたくさんいます。
この世界に住む者ならば、ティンホイッスルがこの上なく美しい音色を奏でることのできる立派な楽器であり、それは説明をするまでもなく誰もが知るところです。
しかし、伝統音楽に詳しくないごく一般的なアイルランド人たちにとっては、残念ながらこのイメージがいつまでもつきまといます。

ホイッスルケース (12)
[カスティーズの店内でも販売中の毛糸でできたホイッスルケース

そんな、ちょっとかわいそうな楽器ティンホイッスル。このイメージを払拭できる日はやって来るのでしょうか。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。


にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

「ヴァイオリンとフィドルの違い」を読む 「フィドラーは無教養?」編

2013.11.13 20:17|フィドル
数回にわたってお送りしている、『「ヴァイオリンとフィドルの違い」を読む』。
最終回の今日は、『「無教養?」編』と題してみました。

「ヴァイオリンは歌う、しかしフィドルは踊る」という文句がありますが、「酒とフィドラー」にも見られるように、フィドルはヴァイオリンに比べると「楽しいもの」、「愉快なもの」、「ダンスをしながら(または酒を飲みながら)弾くもの」といったイメージがつきまとうようです。

フィドルは何やら楽しげである、というこのイメージは、はたから見て、もしくはかしこまった雰囲気のクラシックヴァイオリンと比較して「楽しげだ」と見える、あくまで聴く者がそう感じる、ということなのかもしれません。
アイルランドのフィドル奏者たちは少なくとも、ニコニコ顔で「楽しげに弾こう!」ということは誰も目指していないですし、むしろアイルランドの音楽はかなり抑制のきいた曲調のものが多いようにさえ思います。

「ヴァイオリンとフィドルの違い」には、以下のような引用文が見えます。

・ ヴァイオリンの上手な人は正しい運指をマスターしている
・ フィドルが上手な人は無茶苦茶の運指で正しく弾ける

・ ヴァイオリニストは楽屋で今日弾く曲を練習している
・ フィドラーは楽屋でみんなと遊んでいる

・ ヴァイオリニストは車を道の真ん中で停める
・ フィドラーは他の車にぶつけてから停まる

・ ヴァイオリニストはヴァイオリンの他はよくわからない
・ フィドラーはフィドルのこともよくわからない


ヴァイオリニストが音楽にひたすら真面目に取り組む一方で、フィドラーは脳天気で無教養、といったところでしょうか。ステレオタイプ化もここまで来ると説得力に欠けはじめ、さすがにこれを鵜呑みにする人はいないはずです。

気になるのは、「フィドルが上手な人は無茶苦茶の運指で正しく弾ける」というもの。
「無茶苦茶な運指」というのがどんな運指なのか分かりませんが、私の知っている限り皆さん正しい運指で弾いています。アイルランド音楽の曲は、どれもヴァイオリンで言われるところの「第一ポジション」でほとんどまかなわれることは事実です。第二ポジションまで行かないと音が出せない曲もあることにはありますが、数は限られます。

また、アイルランド音楽のフィドルについて「適当にアドリブを弾く」、「フィドルは適当に弾いてもそれがかえって味になる」という解釈もあるようですが、「適当に弾く」という表現にやはり違和感を感じます。
楽譜に指示のない演奏を良しとする、多少のアドリブが存在する、ということが「適当に弾く」という表現にすり替えられているのでしょうか。

アイルランド音楽におけるフィドルについては、「無茶苦茶の運指で弾いて良い」とか「適当に弾いてもそれが味になる」といった教え方は、誰一人していないはずです。
これも、クラシックで訓練を積んだ側から見た先入観の一つなのかもしれません。

また、「アイルランドの伝統音楽」というと、「アイルランドのど田舎の農家のおじいさんがやっている音楽」という、これまた限定されたイメージ像を思い浮かべる方も、ひょっとするといらっしゃるかもしれません。
しかし、これもまた払拭されなくてはならないイメージで、今やアイルランド音楽はその人の職業や社会的地位を問わず、老若男女あらゆる人々に幅広く愛され、演奏されている音楽です。
教育の一環として取り入れている学校もあれば、大学教授、弁護士、医師、教師などの仕事に従事するアマチュアのエキスパートが、アイルランドには大勢います。

以上、「ヴァイオリンとフィドル」の引用文から見たアイルランド音楽のフィドルをテーマに記事を書いてみました。アイルランド音楽への誤解が解け、ありのままのアイルランドのミュージシャンたちとフィドル事情を、少しでもお伝えすることができれば幸いです。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 アイルランド・ケルト
FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

ティンホイッスルの持ち方

2013.10.26 01:09|ティンホイッスル
アイルランド音楽の楽器で、ティンホイッスル(tin whistle)というものがあります。
最も安価で手に入れやすく、アイルランド音楽ではおなじみの楽器です。

「一番簡単」という宣伝文句も聞かれますが、簡単な楽器であるかは私には分かりません。「簡単」、「難しい」という区分けは、楽器においてはないのではないかな、と思います。

ティンホイッスルはペニーホイッスル(penny whistle)と呼ばれることもあると言いますが、私はこの呼び名をアイルランドで聞いたことが一度もありません。また、ティンホイッスルという呼び名よりは単に「ホイッスル」と呼ばれることの方が多いです。(そんなわけで以下、ホイッスルと表記します)

すぐに音が出せるのと価格的な理由から、アイルランドでは主に子どもたちが最初に与えられる楽器という印象が強いです。
私自身も、このホイッスルからアイルランド音楽を始めました。

ティンホイッスル (2)
[いつの間にか増えていく我が家のホイッスルたち]

主流のキーであるD管のホイッスルのほかにもB♭やGといったキーのものもありますが、楽器の詳しい説明はまた別の機会に譲りたいと思います。

さて、今年の9月(新学期)から私たちの子どももホイッスルを習い始めました。

彼らが通っているのは、エニスのカスティーズミュージックショップの2階。ここで、ショップの開業者であるフランシス・カスティー(Frances Custy)が子ども向けのミュージックレッスンを行っているのです。

娘はフィドル、息子はホイッスルですが、娘もピンク色のホイッスルを買い与えられてその手軽さから家でもよく吹いています。
最初は私もホイッスルを出してきて一緒に曲を吹いたり、指使いを教えたりしていたのですが、しばらくするとあるとても興味深いことに気がつきました。

ティンホイッスル (6)

皆さんはこの写真を見て、気づかれますでしょうか。

そう、右手と左手が二人とも逆なのです。

慌てて子どもたちの持ち方を正そうとしても、「こっちの方が吹きやすい」と言って聞きません。
息子がサッカーボールを蹴る際に左足を使う以外では二人とも右利きなので、どういうわけで反対にホイッスルを持ってしまったのか、さっぱり分かりません。

ホイッスル/ピアノ奏者のジェラルディン・コッターのホイッスルの教則本が家にあったので、見てみました。

ティンホイッスル (4)

彼女の本によると「左手が上、右手は下」とあり、それ以上の説明は見つかりませんでした。

さっそく次のカスティーズでのレッスンのあと、フランシスにこの疑問をぶつけてみました。
すると。

「この問題はね、私も最初は疑問に思っていろいろなホイッスル奏者やフルート奏者に尋ねてみたの。でも、その結果みんながみんな『右手でも左手でも、持ちやすいほうで良い』という回答だったのよ」

娘などはジグの曲なども吹けるようになっていたので、今さら強制のしようもありませんし、強制する必要もないということで、今でも二人とも右手が上、左手が下というポジションでホイッスルを吹いています。

一方で、長年ホイッスルを吹いていた自分がこの可能性に全く気づいていなかったという事実にも、我ながら驚きました。
しかしよく考えてみると、日本人の多くは学校教育の中でリコーダーを吹いた経験があります。リコーダーで左利きの人は左右の手が逆になるものなのか、私には分かりませんが、少なくとも小学校で習ったリコーダーでは右利き、左利きにかかわらず左手が上、右手が下のポジションで吹いていたように思います。
日本にいた頃にこの問題に気がつかなかったのは、そんな背景があるからかもしれません。

しかし、アイルランドでは無論リコーダー教育もなく、ホイッスルを吹く子どもたちは場合によっては小学生以下だったりもして、思い思いの持ち方でホイッスルを吹きはじめます。
ホイッスルの講師によっては「左手が上、右手が下」のポジションを推奨しているのかもしれませんが、必ずしもホイッスルのレッスンに通っている人ばかりではありません。

また、アイルランドを代表するホイッスル奏者であるメアリー・バーギン(Mary Bergin)は、このいわゆる左利きの持ち方でホイッスルを演奏することで知られています。

メアリー・バーギン
[右手が上、左手が下のポジションのメアリー・バーギン]

また、前述のジェラルディン・コッターの教則本に使われている写真や挿絵をよく見ると、左利きのホイッスル奏者が少なくないということにも、初めて気がつきました。

ホイッスルは持ちやすい方法で持つ。

これもまた、「アイルランド音楽の懐の深さなのだろうか」と考えたりします。

また、しばらくしてから新たな事実に思い至りました。
子どもたちが、もしも将来フルートを吹くことになったら。自然な流れだと、同じ指使いのまま笛を横に構えるので、左利きのフルート奏者になるのではないでしょうか。

考えてみると、アイルランドには左利きのフルート奏者が非常に多いです。どうしてこんなに多いのだろうと思っていましたが、ひょっとするとこのように最初に手にしたホイッスルの手の構え方が関係しているのでしょうか。
真相は、私には分かりません。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 アイルランド・ケルト
FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

「ヴァイオリンとフィドルの違い」を読む 「酒とフィドラー」編

2013.10.16 17:35|フィドル
インターネットをはじめ巷でしばしば目にする「ヴァイオリンとフィドルの違い」とそれに類する引用文。
前回の記事に引き続いて、これらの引用文に垣間見えるフィドルという楽器へのイメージや固定観念(ステレオタイプ)を読み解いていきたいと思います。
これらの引用文は、何もアイルランド音楽におけるフィドルに限定して書かれているものではありません。しかしどんなジャンルの音楽にせよ、フィドルという楽器やフィドラー(フィドル奏者)への偏った見方や誤解を招くおそれがあるように思えてなりません。

ジョーク調で書かれている面白い読み物として流してしまえればよいのですが、自らフィドルをいじる者としてはひっかかる箇所が多く、またアイルランド音楽を演奏するプロの人々にとっては、これを鵜呑みにされてはたまらないのではないでしょうか。

今回は、この引用文に頻繁に登場する「酒とフィドラーの関係」について、アイルランド音楽の立場から読んでいきたいと思います。

「ヴァイオリンとフィドルの違い」の引用文から、酒とフィドラーに関するものを下記に抜粋してみました。

ヴァイオリニストは演奏会が終わってから酒を飲む
フィドラーは演奏前、演奏中、演奏後に酒を飲む

ヴァイオリニストはとりあえず向上しようとする
フィドラーは、酒の量に比例して向上する

ヴァイオリニストは演奏中、自己陶酔している
フィドラーは演奏中、酒に酔っている

ヴァイオリニストは練習を欠かさない
フィドラーは酒を欠かさない


前回の記事にも掲載した格言(?)、「フィドルにビールをこぼしても誰も泣くものはいない」が語っているように、確かにフィドルという楽器はしばしばお酒のある場所で楽しまれることが多いようです。

これは、フィドルという楽器がアイルランド音楽をはじめとした伝統音楽、民俗音楽やフォークミュージック、つまり庶民のための音楽において使われる楽器であるためでしょうか。

アイルランド音楽の場合では、昔は基本的に人々の家で楽しまれていた音楽、ダンス、歌の席にはお酒が振る舞われることがあったでしょうし、個人の家からパブへ場所が移行すると、この傾向は更に強まったはずです。

ヴァイオリン奏者がお酒を飲みながら演奏する、ということはおそらく絶対に起こり得ないことだと思うので、これと比較すると演奏中にお酒を楽しむフィドル奏者の姿は、相当に衝撃的なのでしょう。

引用文だけ読んでいると「フィドラーは相当な飲ん兵」というイメージを受けます。しかし、これも考えてみれば「すべてのフィドラーが酒飲みのはずはない」という当たり前の事実に気づきます。
フィドル奏者に限らず、お酒を全く口にしないミュージシャンたちはアイルランドにたくさんいます。パイントの大きなグラスで水やオレンジスカッシュを飲んでいる人はよく見かけますし、コーヒー、紅茶、コーラ派の人たちも多いです。

また、アイルランド音楽に限って話すと「アイルランド人はギネス好き」というステレオタイプも存在するように思います。確かに、ギネスの人気は依然としてナンバーワンかもしれません。しかし、アイルランド人はギネスばかりを飲んでいるわけでは当然なく、ラガーしか飲まない人やサイダーなどを好む人が多いのも事実です。
以前、アルコールを全く口にしないミュージシャンに、確認をせずギネスのパイントをおごってしまって困らせてしまう、という場面に出くわしたこともあります。

酒とフィドラー
[ギネスのパイントで隙間なく埋まったパブセッション時のテーブル]

選択肢が広がった今でこそミュージシャンたちの飲み物もさまざまですが、お酒を飲むミュージシャンたちの中には「(パブでの)セッションにお酒は欠かせない」、「お酒が入ることで音楽ものってくる」と考える人もいます。そういう意味では、彼らにとってはお酒と音楽は切っても切れない縁と言えます。
また、アイルランドのミュージシャンたちにとっては、パブでの音楽のセッションも交流の場、社交の場です。仲間とお酒を酌み交わすのは、例え演奏する立場にあっても当たり前のこと、という見方もあるはずです。

しかしながら、今まで述べてきたことはあくまでパブや個人宅、もしくは小規模なライブなどの場合に限られます。大きなコンサートを行う控室で、また大きなステージ上で酒をあおって演奏するようなことは、アイルランド音楽に限らずちょっと起こり得ない行為ではないでしょうか。


望月えりか

ブラックバードミュージック(フェイスブック)クリックして「いいね!」をよろしくお願いいたします。
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイトです。


にほんブログ村 アイルランド・ケルト
FC2 Blog Ranking

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽