FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ブラックバードミュージック

Author:ブラックバードミュージック
ブラックバードミュージックは、等身大のアイルランド音楽の魅力を本国直送で日本へ紹介することを目的としたプロジェクトです。
名古屋のフィドル奏者小松 大と、在アイルランドの望月えりかが共同で運営しています。

最新記事

カテゴリ

音楽ブログ

訪問者数

フェイスブックのページ

検索フォーム

リンク

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セッションに伴奏者は2人も要らない?

2018.09.14 14:10|伴奏楽器
ブラックバードミュージックのブログ読者の皆さん、こんにちは。
大変長らくアイルランド音楽の記事を書けずにおりましたが、身辺がだいぶ落ち着いてまいりましたので下書きにずっと入ったままでいた記事を再編集しまして久々の更新とさせていただきます!楽しんで読んでいただけましたら幸いです。

さて、これは音楽仲間とのとある会話です。

「今夜のセッション、マーティンも来るかな」
「うーん、どうだろう。今夜のホストの一人はギターのショーンだから、マーティンは来ないか、もしくは来てもブズーキは弾かないと思うよ」
「?」
「だってほら、二人とも伴奏者だから。一つのセッションに二人要らないでしょう」

ブズーキ奏者のマーティンは、セッションをホストできるぐらいの腕の持ち主です。しかし、彼は今夜のセッションのホストミュージシャンではありません。ホストミュージシャンの一人はギター奏者であるショーンとアコーディオンのコナー、そしてフルートのデニス。
マーティンは彼らとも親しく付き合う仲間ですが、今夜はギターのショーンに配慮してセッションには参加しないということのようです。

フィドルやフルート、コンサーティーナなどメロディー楽器を弾く人にとって、そのセッションに同じ楽器の人がいるかいないか、何人ぐらいいるか、などということは事前に考える必要がないかもしれません。しかしながら、伴奏楽器の彼らにとってはこれがしばしばデリケートな問題であり、思慮のある判断が求められたりします。

確かに2人、3人のギターやブズーキといった伴奏者が同じセッションでそれぞれ思い思いに伴奏をしたら、いい音楽になるはずがありません。

でも、この前ちらっと見たエニスのとあるセッションでは、ホストミュージシャンの一人がギター奏者、でも同じくギターのミックさんもセッションに参加していたような・・・。

「ああ、ミックは別にそれでいいんじゃないの?セッションの伴奏というよりは誰も聞こえないぐらい静かに片隅で弾いていただけだし、結果的にホストのギター奏者の邪魔もしてなかったし」

そういうものなんですね。

また、ミュージシャンが20人、30人となるような大所帯のセッションが音楽フェスティバルなどにおいてときどき見られますが、こんな時も複数の伴奏者がいるということはさして問題にならないようです。
「だってそれだけ大人数になっっちゃったら音楽のクオリティーも何もないから、ミュージシャンたちも自然とどうでもよくなる(笑)」

ほかにも異なるケースによってこの辺りの考え方、受け止め方は変わってくるようですが、それにしても伴奏者の皆さんは大変そうです。
メロディー楽器と伴奏楽器。
アイルランド音楽における存在のあり方や位置づけはだいぶ違うようです。

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter
ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
スポンサーサイト

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

マナーやエチケットより大切なこと

2018.05.31 00:52|セッションとは何か
セッションにおけるマナーとかエチケットについてよく質問をされます。多くの皆さんにとって関心の高いトピックなのかもしれません。
過去の記事でご紹介した「セッションで指名された時にどう応えるか」というテーマも、セッションにおけるマナーのひとつなのかもしれません。
更にはどこに座るのか、ホストに何か言うべきか、飲み物は・・と、セッションには私たちを混乱させるさまざまな要素が含まれており、本が一冊書けてしまいそうです。
私自身もセッションのエキスパートではありませんからまだ知らないこと、気がついていないことが多々あることと思います。時にはエラーも犯しているに違いありません。どんな振る舞いを良しとするかはセッションの状況によってだいぶ変わってくるようです。

アメリカ人などがセッションの場に楽器を持って現れ、「私はフィドルを弾くんですが、あなたたちのセッションに参加してもいいですか?」と笑顔でホストのミュージシャンたちに訊いてくることがあります。
「私はセッションのエチケットを知っている」と言わんばかりの紋切型のアプローチに一瞬言葉を失うアイルランド人たち。しかしそんな素振りは微塵も出さず、笑顔で「もちろんですよ、どうぞどうぞ」と答えます。
「まったく、どこで何を読んだのか聞いたのか・・」と心の中で呆れるホストのミュージシャンたちにとって、このとってつけたようなアプローチは良いマナーとは映らなかったようです。

パブセッション(3)

アイルランド音楽におけるセッションに限らず、マナーやエチケットといったもの全般を言葉通りに受け取ること、マニュアルとして学ぶことに関して懐疑的です。
あまりに固執すると結果的にセッションにおけるルール、規則といった言葉にまで発展する可能性もあり、本来のアイルランドにおける等身大の「セッションという場」からどんどんかけ離れたものになっていく気がしてなりません。
「エチケットを知っている人=ミュージシャンたちから歓迎される」という単純構造ではないからです。

語学スキルがない場合や、あってもアイルランド人特有の会話の輪に入っていくことは困難です。
だからと言ってその場にふさわしい振る舞いができないということでもありません。とてもいいセッションで楽しかったと感じれば、言葉の障害にかかわらずホストのミュージシャンたちにそれを伝える手段もあります。

セッションが終わったあと、無言でパブを立ち去るよりもホストのミュージシャンたちに直接「サンキュー」を言って、握手をしてもいいですね。

やや上級のスキルですが、ホストのミュージシャンたちに飲み物を買うという手もあります。
アイルランドでは音楽を提供するミュージシャンたちに感謝の気持ちを込めてお客が飲み物をおごる、という行為が定着していますので、バーで頼めばスタッフもすぐに察してくれます。

マナーやエチケットを頭で覚えるよりも、社会人としての気持ちよい振る舞いがあれば、どんな場面でも自然に受け入れてもらえることと思います。その場に居合わせた他人との距離の取り方、自分の置かれた立場、回りで今何が起こっているかを読み解くスキルは、私たちの社会性を問うています。隣に座ったミュージシャンたちとあいさつを交わすうちに、友好関係も開けていくことでしょう。

自分だけが弾ける曲をこれ見よがしに延々と演奏したり、頼まれていないのに突然曲を始める。大音量で楽器をかき鳴らしたり、知らない曲なのにギターでいろいろなコードを試し弾きする。リスペクトとアプリシエーション(相手を敬う気持ちと感謝の気持ち)があれば、どれも起こり得ないエラーです。

リスペクトとアプリシエーション。
この二つが土台となって、どうにかしてこれをお互いに伝えることができれば、みんなが気持ちのいいセッション=社交の場となるのではないでしょうか。

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter
ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

アイリッシュチューンを弾くだけがセッションじゃない

2018.04.18 10:53|セッションとは何か
アイルランドのセッションを観察していると、とりわけ旅行者人口が一気に増えるフェスティバル期間中などはよくこんな場面に出くわします。
セッションで指名された誰かが突然ポップ系の歌をうたい始めたり、ブルーグラスのスタイルの演奏を始める。
セッションの雰囲気ががらりと変わるので、一瞬辺りを見回して周囲の反応を窺ってしまうものです。えっ、みんなこれでいいの?だってこれ、アイルランド音楽のセッションじゃないの?

しばらくしてそんな現象にも慣れてくると、だんだん客観的に見られるようになってきました。
どうやら、アイルランドのセッションでアイルランドの伝統音楽でないものを演奏することを不思議に感じたのは外国人の私だけのようです。ほかの皆さん、アイルランド人のミュージシャンたちはこの現象をごく自然のことのように受け止め、楽しんでいるようです。

彼らには「ここはアイルランドなんだから、僕たちは伝統音楽をやるミュージシャンなんだから、トラディショナルなものを一貫してやらなければいけない」という力んだ使命感がありません。
それどころか、たまたまみんなで弾けるのがジグやリールだからそれを弾いているだけで、本人たちは何もこだわりがないんでは?と感じることさえあります。

それよりも、どんな音楽であれ「音楽を楽しむ」ということに、彼らは最も重きを置いているように思います。
だから誰かが一芸的にほかのジャンルの音楽を披露すると、やんややんやと盛り上がるのですね。

パブセッション(2)

もちろん、参加者の芸ばかりとなってしまえばセッションの嗜好が変わってきてしまいます。が、ホストのミュージシャンたちが伝統音楽家である限りこの展開は起こり得ず(ハイジャックされてしまえば別ですが・・!)、結果的には本来の軸に戻っていくようです。
どんな歌や音楽であっても受け入れ、そのクオリティーを楽しむ。
こうした側面を見ているとアイルランドのセッションは懐が深く包容力があり、これもアイルランドのセッションの魅力のひとつなのだなあと感じます。

友だちのいないセッションに混ぜてもらったりすると、ときどき「日本の曲を弾いてほしい」と逆にリクエストされることがあります。ギター奏者の方などは「ギターが弾けるんなら歌もうたえるだろう」とこちらの人は考えるので(過去の記事「ギター奏者は歌うもの?」を参照ください)「日本の歌をうたってくれ」となります。
セッションで指名された時、日本の曲や歌を出すと大変喜ばれます。ぜひお試しあれ。

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter
ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ただいまウェブサイトをお休みしています。

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

セッションで指名された!何をどう弾くべき?その2

2018.04.09 12:34|セッションとは何か
現地のパブセッションで指名されたら、皆さんは何を弾きますか?

過去の記事(「セッションで指名された!何をどう弾くべき?その1」)で、大きく分けてほかのミュージシャンたちにも入ってもらえる曲を出す「みんなと一緒に演奏するスタイル」と、「パフォーマンスを披露するスタイル」、つまりそのセッションに誰がいるかを問わず、自分の得意な曲(ややマイナーな曲も含め)をお披露目し、結果的には他のミュージシャンたちに聴いていてもらう、という二つがあることを書きました。

本日は、この前者、ほかのミュージシャンにも入ってもらうスタイルを目指して曲を出す場合について、もう少し掘り下げてみたいと思います。

選曲は自分が弾き慣れている曲で誰もが知っている定番曲に自然となるかと思います。
ところが、せっかくみんなに入ってもらえるような曲を選んだのに、いざ演奏を始めたら誰も一緒に弾いてくれない!え?何?どうして?とまたまたパニックになったこと・・・ありませんか?

よく知っている曲であっても、スタンダードなバージョンとあまりにかけ離れているとアイルランドのミュージシャンたちは遠慮して入ってきません。
自分が定番曲だと思っていたものが、今参加させてもらっているセッションのミュージシャンたちにとっては定番曲ではない、という可能性もあります。心配な場合はアイルランドにおいて何が定番の曲(Common tunes)なのか、今一度確認する必要があるかもしれません。
また、定番曲でもあなたの演奏があまりに素晴らしくて惚れ惚れするような場合「ああ、いい演奏だね!これは一休みして聞いていよう」とみんなが楽器を置いてしまうケースもあります。これは最高の賛辞ですから、ありがたいことですね。

パブセッション

でも、もし確実にみんなに入ってもらうことを希望する場合は、前触れなく演奏を始めるよりもまず「1曲目はこれでどうでしょう、2曲目はこれ・・」という風に曲名を伝えたり、曲のはじまりを弾いてみたりして相手にしっかり伝えると、「一緒に弾いてほしいんだな」というメッセージも同時に伝わるかと思います。
その際に「この曲知ってますか?」と確認をして、もし「う~ん、弾いたことのない曲だ」と言われれば「じゃあそれじゃなくて、これは?」という風に違う定番曲を提案していく・・というやりとりも、こちらでよく見られる光景です。
また、自分の最も演奏しやすい快適なスピードで、または今参加しているセッションのペースに合ったスピードで演奏するとさらに入りやすいですね。

曲のセットを作るなら、最初は2パートあるスタンダードの長さの2曲セットが無難かもしれません。3曲以上延々と続いたり、それぞれが4パート以上ある曲であったりするとセットがやや長く感じられ、セッションに参加させてもらっている者としての控えめな姿勢が揺らぐ可能性があります。つまり「この人のセット長いな~、弾きたがりなのかなあ」という間違った印象を与えてしまう可能性があるのです。
パフォーマンス披露型の場合は、この危険がさらに増すのでさらに注意が必要かもしれません。

この際、曲をそれぞれ何回繰り返すかということは伝える必要がありません。
去年のフィークルキャンプでもこの話題が出ましたが、曲というのは基本的に始めた本人が繰り返したいだけ繰り返すのが理想的です。「2回ずつね」とか「3回ずつね」というのはナンセンスで、時には「なになに、ケーリーの伴奏でもする気なの?」と笑われてしまったりします。
それでも無意味に8回、10回など繰り返すと上記の場合と同様に「・・・長い!ちょっと弾いてみて、って頼んだだけなのに!」と飽きられてしまうこともあるので、こちらも判断力の問われるところです。

何回繰り返すのかを前もって決めないのなら、どうやってほかのミュージシャンたちに次の曲に行くことを伝えればいいのでしょう?
よくアイルランドで見られるのは、目くばせですね。
1曲目を何度か繰り返して弾いていると、なんとなく「そろそろ2曲目が来るかな~」という空気が漂いはじめます。そうすると今まで下を向いたり目をつぶって演奏していた人たちも顔をあげて、あなたを一瞬注視することでしょう。「あともう一回弾こう、まだチェンジしない」という時はこの注視を無視します。「今だな」と思った時には目を合わせます。同時に軽くうなずいてもいいですね。
また現地のミュージシャンなどは曲のチェンジが来る時に短い声をかけて合図する、というのも一般的です。
曲が移り変わる瞬間というのは、ミュージシャンたちにとって非常に大事なモメントですから、緊張感のある一瞬です。

ミルタウンセッション

指名されたら、そのセットはあなたのもの。
2曲目に何を持ってくるか、何回繰り返すか、といったことすべてがあなたにゆだねられています。

セッションは会話と同じです。
自分が話す番になったらきちんと話す。何のトピックをどんな風に話すのかは、あなた次第。
でも複数の人と同じカンヴァセーションの輪の中にいるのですから、周囲の様子を見ながら同調しつつ、自分の声を伝えられたらいいですね。

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter
ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ただいまウェブサイトをお休みしています。

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

今年はフィークルキャンプを見送ります!

2018.02.21 20:43|ごあいさつ/お知らせ
過去数か月間にわたりましてお騒がせしていましたフィークルキャンプ2018。今年は残念ながら見送ることが決定しましたので皆さんにお知らせ申し上げます。

私たちにとってはまさに苦渋の決断で大変残念ですが、今年はこれを機にブラックバードミュージックの活動を見直し、初心に戻って仕切り直す年にすることができればと思っています。

今回のイベントのためにチラシの配布、お友だちや音楽仲間の皆さんへ直接声をかけてくださった皆さんに、心よりお礼申し上げます。ご協力をいただきありがとうございました!

今年は大きなイベントこそないものの、ブラックバードミュージックのブログではまたちょっと面白いアイルランド音楽に関するトピックを取り上げ記事を書いていきたいのと、フェイスブック上でのおすすめ動画などは引き続き不定期にアップしていきたいと思っています。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

望月えりか Erika Moc O'C@Twitter アイルランド音楽をはじめ生活のもろもろを中心にTweetしています。
ブラックバードミュージック(フェイスブック)
「いいね!」をクリックして、ブラックバードミュージックが発信するアイルランド音楽情報やおすすめ動画をチェックしよう!
ブラックバードミュージック(ウェブサイト)
ブラックバードミュージックのすべてが分かる公式サイト。
にほんブログ村 音楽ブログ アイルランド・ケルトへ
にほんブログ村

テーマ:アイルランド音楽
ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。